Rakuten infoseek

辞書

卯月の紅葉【ウヅキノモミジ】

デジタル大辞泉

うづきのもみじ〔うづきのもみぢ〕【卯月の紅葉】
浄瑠璃世話物。三段。近松門左衛門作。宝永3年(1706)大坂竹本座初演。大坂心斎橋の古道具商笠屋の娘お亀と養子婿との心中事件を脚色したもの。続編に「卯月潤色(いろあげ)」がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うづきのもみじ【卯月の紅葉】
人形浄瑠璃。世話物。近松門左衛門作。1706年初演。本外題「ひぢりめん卯月紅葉」。大坂心斎橋の古道具商笠屋の娘お亀かめとその婿むこ与兵衛との心中事件を脚色したもの。梅田堤で心中を図るが与兵衛だけ助かる。続編「卯月の潤色いろあげ」では、生き残った与兵衛がお亀の命日に自害する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うづきのもみじ うづきのもみぢ【卯月の紅葉】
浄瑠璃。世話物。三段。近松門左衛門作。「与兵衛おかめ」の角書と「ひぢりめん」という肩書きがある。宝永三年(一七〇六)頃大坂竹本座初演。大坂心斎橋の古道具商笠屋の娘お亀と、養子婿(むこ)与兵衛との夫婦心中を脚色したもの。後編に「卯月の潤色(いろあげ)」がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

卯月の紅葉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

卯月の紅葉の関連情報

他サービスで検索

「卯月の紅葉」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.