辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

卯の花色【うのはないろ】

色名がわかる辞典

うのはないろ【卯の花色】
色名の一つ。真っ白のこと。卯の花は雪のように白い花と形容されており、平安時代から白さを表現するのに用いられた。ユキノシタ科ウツギの花で初夏に咲く。豆乳を絞った残りを卯の花というのは色と形状が似ているため。ウツギは幹の中が空洞になるため「空木」と表記する。生成りよりも白い色を表しているので、染め色ではなく「白い」という形容の言葉と考えられる。かさね色目いろめの名でもあり、表は白、裏が萌葱もえぎ

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うのはな‐いろ【×卯の花色】
卯の花1のような色。わずかに青みがかかった白色。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

卯の花色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

卯の花色の関連情報

関連キーワード

卯の花卯の花煎り卯の花鮨卯の花月真っ白真っ白い真っ白け卯の花威卯の花曇卯の花鮃

他サービスで検索

「卯の花色」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.