Rakuten infoseek

辞書

【か】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典



gua
易の用語。「け」とも読む。-の線 (陽〈こう〉) と--の線 (陰爻) が3本組合わさった形をいう。組合せの方法は,全部で8卦 (はっか) になるが,それをさらに重ね合せて 64卦としたものを実際の占いでは利用する。3本ずつ重ね合せた上卦と下卦との関係から,あるいは各爻の位置から,将来の吉凶を占う。それぞれの卦には説明文がついていて,それを卦辞あるいは彖辞 (たんじ) という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

け【×卦】
で、算木に現れる種々の象(かたち)。これで人生や事柄の吉凶を占う。陰陽2種の爻(こう)を組み合わせるのを八卦(はっけ)といい、さらにこれを二つずつ配合して六十四卦を生ずる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

三つの爻を重ねた、乾(天)・兌(沢)・離(火)・震(雷)・巽(風)・坎(水)・艮(山)・坤(地)の八種類から成る八卦(小成卦)と、この八卦を更に上下に二つ重ねた六十四卦(大成卦)がある。この卦の中に、世の中の森羅万象全てが詰まっているといわれている。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

か【卦】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

け【卦】
易で、算木を数えて得たしるし。乾・坤・震などの8種。また、これを組み合わせた64種。 「よい-が出る」 → 八卦はつけ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

クヮ【卦】
〘名〙 易で算木(さんぎ)に出た象(かたち)。これで吉凶を占う。→卦(け)
※読本・英草紙(1749)五「卦(クヮ)を鋪下(しきくだ)し、考を施して言ふ」 〔易経‐説卦〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け【卦】
〘名〙 易(えき)で占った結果あらわれる象(かたち)。陰と陽とを示す二種の爻(こう)を、三つ組み合わせた乾(けん)・兌(だ)・離・震・巽(そん)・坎(かん)・艮(ごん)・坤(こん)の八つの形を基本として、これを八卦といい、易経(周易)では、この八卦をさらに二つずつ上下に組み合わせて六十四卦とする。この八卦、六十四卦によって、天地間のあらゆる変化をよみとり、吉凶を判断する。
※続日本紀‐霊亀元年(715)八月丁丑「前脚並有離卦。後脚並有一爻
※読本・昔話稲妻表紙(1806)二「頼豪院恭く卦(ケ)を敷下し、考を施していはく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

卦の関連情報

他サービスで検索

「卦」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.