Rakuten infoseek

辞書

占星術【せんせいじゅつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

占星術
せんせいじゅつ
astrology
天体現象の観察に基づいて将来を予見しようとする占いの一種。古代には天文学的知識と密接に結びついて発達した。最初バビロニアでは主として帝王や国家の運命を占うのに用いられたが,前3世紀頃ギリシアに伝えられてから複雑化し,惑星とすべての物質や動植物とが密接に関連づけられ,のちに錬金術と結びついて,人体の各部黄道十二宮を対応させるようになった。また,バビロニアに発した7日周期の思想週日を生み,インドを経て中国では五行説の発生をみたが,そこでも赤道を 12に分割する思想は残されている。ヨーロッパでは,中世以後,占星術は一般化して権威をもつようになったが,近代天文学はその迷信を打破するところから始ったともいえる。現在でも一般大衆の間に抜きがたい勢力を張っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せんせい‐じゅつ【占星術】
バビロニア・エジプト・ギリシャ・中国などに古くから発達し、17世紀ごろまで盛んに行われた星占い黄道十二宮の位置や月・惑星の運行によって、人生・社会などについて吉凶を占ったり予言したりする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんせいじゅつ【占星術 astrology】
天上の星辰の相対的位置や見かけ上の運動と,地上の人間や事件の間に一定の照応関係があると想定し,星辰を指標として地上的事象の本性を理解し,その帰趨を知ろうとする学問または技術。西欧語は〈星の学問〉を意味するギリシア語astrologiaに由来する。西欧,オリエント,インド,中国など占星術と呼ばれうるものは世界各地に見られるが,特に西欧におけるプラトンないし新プラトン主義者たちの主張に顕著な〈マクロコスモス〉と〈ミクロコスモス〉との対応という観念や,中国の〈天人相関説〉は,占星術を背後から支える論拠として重要である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せんせいじゅつ【占星術】
惑星などの位置や運行によって人間の運勢や社会の動向を占う術。バビロニアと古代中国に発し、西洋では中世に大いに盛行した。近代天文学の発達に伴って衰微したが、今日でも民間の一部で行われている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

占星術
せんせいじゅつ
astrology
占星術とは天文現象を材料にして未来を予測する術である。それは自然認識を旨とする科学としての天文学とははっきり一線を画するものである。しかし、他の雑占、俗信、迷信のたぐいとは違って高尚な占いとみなされているのは、占星術が人類史上に現れたもっとも古い学問の一つである天文学と歴史のうえで密接につながっている、と一般に信じられているからである。
 占星術はその天文学との絡み方によって、大きく二つに分けることができる。一つは「天変占星術」とよぶもので、天に異常現象がおこったときに、その地上への影響を占うものである。いま一つは「宿命占星術」または「運勢占星術」とよぶもので、個人の生まれた日時における日・月・諸惑星の位置によってその個人の宿命・運勢を占うものである。この両者は方法、思想、目的の点でまったく異なる。[中山 茂]

天変占星術

未開社会では、意外に天文現象に対する関心が薄いが、天変占星術がまとまった知識として文献のうえで立証されるのは、西洋の伝統では、アッシュール・バニパル王の図書庫から出てきた紀元前7世紀ごろのバビロニアの楔(くさび)形文字粘土板に現れたものである。中国でも、天変占星術のおこりはバビロニアよりやや遅れて戦国時代にさかのぼれるであろうが、前100年ごろに書かれた司馬遷の『史記』のなかの1章「天官書」にまとめて整理されている。
 これらはみな、日月食、日月の暈(かさ)、諸惑星の離合集散、掩蔽(えんぺい)現象、彗星(すいせい)・大流星雨の出現など、天空の異常現象が、直接に、地上の天下国家の大事、飢饉、洪水、干魃(かんばつ)、暴風雨や王の死、反乱、軍事などを引き起こすものとして占う。天変現象はかなり広い地域にわたって共通してみられるものであるから、地域性は少ない。まして特定個人が問題になるものではない。それは国家的現象なのである。そこで、その地上への影響も国家や君主の関心事に絞って解釈される。それはバビロニアや古代中国の東洋的専制主義のもとに、君主に奉仕する学問としておこったのである。
 そのような天変占星術の基礎となる科学思想は、天に変事があれば地上に甚大な影響を及ぼす、という天地相感の原理である。少なくともその初めにあたっては、健全な経験主義が含まれていた。つまり、天上の変事とそれと時を同じくして起こった地上の事件を比べて、両者の間に経験的な因果法則をみつけようとするものである。そこで占星術師はつねに天変と地上の事件についての過去の記録を蓄積させる。そして、つねに天を観測し、天変が生じれば、過去の記録に照らして、その地上への影響を解釈し、君主に報告する。たとえば、ある星座で日食がおこったとき、過去に同様な記録を探し、そのとき君主が死んだとすれば、今回も君主に死の災いがかかる前兆であると警告する。
 天変と地上の事件の間には、必然的・決定論的な因果律が働いているわけではなく、天変の示す予兆を事前にいち早く察知して、起こるべき地上の事変に備えれば、悲劇を避けることが可能である、と考える。今日の天気予報と同じ原理である。そして天変の報告を受けた君主は、謹慎したり呪術(じゅじゅつ)師を雇ってお祓(はら)いをさせて、災厄から逃れようとする。中国流の天変占星術を行っていた王朝期の日本の宮廷では、安倍晴明(あべのせいめい)やその一門が占星術師として天皇の政治顧問の役割をし、勘文(かんもん)という天変報告を発し、君主に警告を与えた。日食が予報されると、君主は宮廷を閉ざし、僧侶(そうりょ)を招いて祈祷(きとう)させて、災厄を免れようと努めた。[中山 茂]

宿命占星術

天下国家的規模の予測ではなく、各自各様に異なった個々人の運命を予測する宿命占星術が、今日普通、占星術といわれているものである。その方法は、個人の生誕時における日・月・諸惑星の位置をホロスコープ(占星表)の上に書き込み、それらの位置関係によって占うものなので、ホロスコープ占星術ともいわれる。
 このような占いが発達するには、東洋的専制を脱して、個々人の運命が問題になるほどに個人主義が発達し、さらに個人の財力で占星術師に金をやって占わせる階級が現れねばならない。今日残る最古のホロスコープは、バビロニアの楔形文字粘土板に書かれたもので、前5世紀から前3世紀にわたるが、すべて貴族の子弟の運勢を占ったものと推定される。そして実際に一般に普及して盛んになったのは、ヘレニズム時代のギリシア人やローマ人の間のことであった。
 このホロスコープによる宿命占星術は、バビロニア、ギリシアの惑星天文学の発達によって可能になった。そこでは、日・月・五惑星は黄道の周りを正確な軌道を描くことが確認される。黄道の近辺は12に分割されて、黄道十二宮といわれる。その十二宮の上に、個人の生誕時における日・月・五惑星の位置をプロットする。十二宮とは別に、地平座標によって十二位がつくられ、それぞれの位が個人の健康、財産、結婚、寿命などをつかさどる。この十二宮上の惑星と十二位の位置関係を示すものがホロスコープである。十二位と惑星の関係は時々刻々日周運動によって変化するから、生誕時の時刻を知らないと、正確にホロスコープを描いて占うことはできない。このような位置関係を生誕時にさかのぼって計算するには、高度な惑星軌道論を必要とする。思想的には、古典ギリシアの宿命観が背景になっている。すなわち、惑星が決められた軌道を正確にたどるように、人間の運命も正確に決められているという決定論である。
 ホロスコープ占星術は西洋の特殊な風土に根ざして発生した、技術的にも特殊なもので、他の文化圏にも偶然同じ型のものが自然発生することは考えられない。そこで、ホロスコープを追跡すると、バビロニアやヘレニズムからの文化的影響のあとを確認することができる。日本でも鎌倉時代のホロスコープが二件残っているが、これはヘレニズム期のギリシアからインド、中国を経て密教の伝来とともに流入し、宿曜(すくよう)法師によって行われたものである。しかし、中国文化圏では、宿命占星術と同じ思想的基盤にたち、個人の生年月日によって運勢を占うものであるが、日・月・諸惑星の位置ではなく、生誕時の暦注(れきちゅう)や干支(かんし)によって運勢を計算する四柱推命(しちゅうすいめい)術の勢力が強く、ホロスコープ占星術は普及しなかった。
 宿命占星術の古典とされているのは、紀元後2世紀に天動説天文学の古典『アルマゲスト』の大著を残した古代西洋の代表的天文学者プトレマイオスの手になる『テトラビブロス』である。彼は天文学を精密な第一の科学、その人事への応用である宿命占星術を確実性の点で落ちる第二の科学とみなしていた。しかし後世では『アルマゲスト』より『テトラビブロス』のほうがその「実用性」のゆえに広く読まれ、ラテン語に訳されて西洋社会で普及するのも早かった。近代科学の興隆と並行して、占星術はその実証性の欠如のために科学界から追放されるようになったが、人生の未来を予測する術が近代科学によって与えられない限り、人間の願望を満たすものとして、人間心理の底辺に生き長らえ続けて、今日に至っている。[中山 茂]
『中山茂著『占星術――その科学史上の位置』(1979・紀伊國屋書店) ▽荒木俊馬著『西洋占星術』(1963・恒星社厚生閣)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せんせい‐じゅつ【占星術】
〘名〙 恒星・星座の運行や位置によって吉凶をうらなう術。古代バビロニアおよび中国に起源をもつ二系統に大別され、西方では個人の性格や運命を占うものとなり、中国では皇帝を中心とした国家の運命を予知し、行動に際しての日時の吉凶に関心の焦点がある呪術となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占星術」の用語解説はコトバンクが提供しています。

占星術の関連情報

他サービスで検索

「占星術」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.