Rakuten infoseek

辞書

【ハク】

デジタル大辞泉

はく【博】[漢字項目]
[音]ハク(呉)(漢) バク(慣) [訓]ひろい
学習漢字]4年
〈ハク〉
広く行き渡る。広く諸事に通ずる。「博愛博士(はくし)博識博覧該博広博
「博士」の略。「医博文博
「博覧会」の略。「万博
〈バク〉かけ事。「博奕(ばくえき)博才博徒賭博(とばく)
[名のり]とおる・はか・ひろ・ひろし・ひろむ
[難読]博士(はかせ)博多(はかた)博打(ばくち)博奕(ばくち)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばく【博】[漢字項目]
はく

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はく【博】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ばく【博】
浄瑠璃伽羅先代萩(1785)四「先日屋敷で博の節、二三度の出会に、汝が魂見ぬきし故」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はく‐・す【博】
〘他サ変〙 ⇒はくする(博)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はく‐・する【博】
〘他サ変〙 はく・す 〘他サ変〙
① ひろめる。ひろくする。
② 得る。獲得する。とる。名声・評判などにいうことが多い。
※随筆・鑒禅画適(1852)韻致「然れども外に現れて浮誉を一時に博するは水上の泡沫なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

博の関連情報

他サービスで検索

「博」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.