Rakuten infoseek

辞書

単音【たんおん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

単音
たんおん
音声学の対象とする音声の最小単位。調音器官一定の位置をとっているか,一定の運動を繰返している瞬間に生じる音,および気流通路のより広い位置からその位置へ,またその位置からより広い位置へわたる際に生じる音をいう。持続部のある単音を「持続音」という。「」 (=[ka]) の2つの単音[k][a]はその例。また,「」 (=[ja]) の[j]のように,常に動いていて持続部の認められない単音もあり,「わたり音」という。すなわち,前後の単音とは関係ない独立の運動をしている際に出る音も単音である。ただし,音声単位といっても,音声そのものは連続体なのであり,それを単位に切ること自体,音素背景にしていることになる。したがって,両者相互に該当し合う関係としてとらえるべき性格をもっている。なお,単音は,具体的な1回1回の発話のレベルでも,また,「日本語の単音[k]は…」のように社会習慣的音声のレベルでも用いられることがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たん‐おん【単音】
音声学で、音声の連続を分解して得られる最も小さい音の単位。大別して、母音子音とに分けられる。音韻論における音素に該当する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんおん【単音 phone】
音声学的にみて言語音声を構成する最小の単位。[kami]〈紙〉は[k][a][m][i]という四つの単音に分解でき,それぞれが固有の調音的特徴をもつ。[k]では後舌が軟口蓋に接し,[a]では舌面が低く下がる。[m]では両唇が接合して軟口蓋が下がり空気は鼻へ抜ける。[i]では前舌の部分が硬口蓋へ向かって上がる。だが[katʃi]〈価値〉の[tʃ]であるが,舌端が歯茎後部に接し[t]の閉鎖を作り,これをゆるやかに開放すると硬口蓋歯茎摩擦音[ʃ]が生じる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たんおん【単音】
音声学で扱う基本的な単位。連続的な音声を個々に区切られる諸部分に分解して得られる最小の単位。「汗あせ」は[a][s][e]の単音からなる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たん‐おん【単音】
〘名〙
① 音声学で、音声の連続を分解して得られる最小の記述単位。個々の母音・子音、ktpŋaiなどの類。
② 長母音や二重母音をもたずに一音節をなす音。
※漢字三音考(1785)皇国字音の格「単音とは、あいうかきく等の如く、単にして余響なき音にして」
③ 音楽で、単一の音声部でできている音楽。また単声、モノフォニーのこと。〔音楽字典(1909)〕
④ 同時に一つだけきこえる音。単一の音。
※医師高間房一氏(1941)〈田畑修一郎〉三「単音でなく、微弱な重音があるので弁膜症の気味があるとも診られた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

単音の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.