Rakuten infoseek

辞書

単複【タンプク】

デジタル大辞泉

たん‐ぷく【単複】
単純と複雑。「単複さまざまな事情がある」
単数と複数。「単複同形の語尾変化」
テニス・卓球などの試合で、シングルスとダブルス。
競馬・競輪などで、単勝複勝

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たんぷく【単複】
単純と複雑。簡単と複雑。
単数と複数。 「 -同形」
テニス・卓球などで、シングルスとダブルス。
競馬などで、単勝と複勝。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たん‐ぷく【単複】
〘名〙
① 簡単と雑。単純と複雑。
※文芸上の自然主義(1908)〈島村抱月〉四「恰も文学でワーヅワース等の自然主義とゾラ等の自然主義とに単複の差ある如く」 〔大方広円覚修多羅了義経略疏‐序〕
② 衣服で、裏をつけない単(ひとえ)と裏をつけた袷(あわせ)。〔音訓新聞字引(1876)〕 〔魏志‐管寧伝〕
単数と複数。
※百学連環(1870‐71頃)〈西周〉一「一致とは譬へば I go, he goes の如く、西洋にては文字の単復あるが故に、その単復に依て一致せざるべからざるなり」
テニス卓球などの試合で、シングルス(単試合)とダブルス(複試合)。
⑤ 植物の花弁で、単弁と重弁。
⑥ 競馬、競輪などで、単勝と複勝との併称。
※競馬(1946)〈織田作之助〉「単複二百円の配当」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単複」の用語解説はコトバンクが提供しています。

単複の関連情報

他サービスで検索

「単複」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.