Rakuten infoseek

辞書

単純性血管腫【たんじゅんせいけっかんしゅ】

六訂版 家庭医学大全科

単純性血管腫
たんじゅんせいけっかんしゅ
Hemangioma simplex
(子どもの病気)

 血管の発育異常、毛細血管の拡張により生じる、皮膚表面から隆起しない、境界が鮮明な紅斑です。通常は出生時から認められます。発症する部位や合併する症状によってはスタージ・ウェーバー症候群(顔面の三叉(さんさ)神経第1、2枝領域に生じる)、クリッペル・ウェーバー症候群(四肢片側に生じる)という病気のこともあります。自然に消えてなくなることがなく、加齢により色調が濃くなるため、形成外科的治療やレーザー治療などを考慮する必要があります。

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単純性血管腫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

単純性血管腫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.