辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

単性花【タンセイカ】

デジタル大辞泉

たんせい‐か〔‐クワ〕【単性花】
雄しべ雌しべのいずれか一方だけをもつ花。不完全花雌雄異花。⇔両性花

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんせいか【単性花】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

たんせいか【単性花】
雄しべ・雌しべの一方だけを有する花。雌雄異花。 ↔ 両性花

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

単性花
たんせいか
雄しべのような雄性生殖器官雌しべのような雌性生殖器官のどちらか一方しかもたない花をいう。被子植物の花は本来両性で、単性花は二次的なものであり、両性花の雌しべが退化して雄花となるか、雄しべが退化して雌花になったとみなされる。これに対して裸子植物の花は本来単性であり、雄花と雌花とが同じ株につけば雌雄同株、別の株につけば雌雄異株という。また両性花と単性花をもてば雌雄混生または雑居性という。[田村道夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単性花」の用語解説はコトバンクが提供しています。

単性花の関連情報

他サービスで検索

「単性花」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.