Rakuten infoseek

辞書

南面【ナンメン】

デジタル大辞泉

なん‐めん【南面】
[名](スル)
南に面すること。また、南の面。「庭園に南面する殿舎」
《昔、中国で天子臣下に対面するとき、陽の方位である南に面して座ったことから》天子の位に就くこと。天子となって国内を治めること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みなみ‐おもて【南面】
南に向いている方。南側。なんめん。
貴人の邸宅の正殿。正客を迎え入れる所。
「―におろして、母君も、とみにえ物ものたまはず」〈桐壺

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

なんめん【南面】
( 名 ) スル
南の方に向いていること。 ⇔ 北面
〔「易経説卦伝」による。中国で、天子は南に向いて座ることから〕 君主の位につくこと。天子として国を治めること。 「彼かの周旦の成王にかはり、-にして一日万機の政まつりごとををさめ給ひしに准なぞらへて/平家 1

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みなみおもて【南面】
南に向いている方角。南側。
邸宅の正面。南向きの正殿。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なん‐めん【南面】
〘名〙
① 南に面すること。南の面。南側
※菅家文草(900頃)二・博士難「南面纔三日、耳聞誹謗声
※古今著聞集(1254)一九「南殿の寝殿の巽角の南面は、女院御方也」 〔孟子‐滕文公〕
② (中国で、天子は南に面して臣下に対面したところから) 君主の位につくこと。天子となって国内を治めること。
※続日本紀‐養老七年(723)二月己酉「然則居南面者、必代天而闢化」
※源平盛衰記(14C前)二「周公旦成王にかはりつつ、南面(ナンメン)にして一日万機の政を行しに准て」 〔易経‐説卦〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みなみ‐おもて【南面】
〘名〙
① 南に面した方。南の正面
※安法集(983‐985頃)「老ぬれば南おもてもすさまじやひたおもむきに西を頼まむ」
殿舎の南に面した部屋。寝殿造りでは、正客を招じ入れる部屋ともなる。
※蜻蛉(974頃)中「みなみおもてに、このごろくる人あり」
南向き正殿
※栄花(1028‐92頃)月の宴「みなみおもての昼の御座の方に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南面」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南面の関連情報

他サービスで検索

「南面」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.