Rakuten infoseek

辞書

南都六宗【なんとろくしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

南都六宗
なんとろくしゅう
奈良時代に行われていた倶舎成実,法相,三論,華厳の各仏教学派の総称

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なんと‐ろくしゅう【南都六宗】
奈良時代における仏の代表的な六つの宗派三論宗成実(じょうじつ)宗法相(ほっそう)宗倶舎(くしゃ)宗律宗華厳宗六宗後世派と異なり、経論の研究学派としての性格をもつ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なんとろくしゅう【南都六宗】
奈良六宗ともいう。8世紀に官大寺などで研究されていた三論宗,成実(じようじつ)宗,法相(ほつそう)宗俱舎(くしや)宗華厳(けごん)宗律宗の六宗を指す。六宗の成立以前に厳宗を除く五宗が成立していたことは,718年(養老2)10月の太政官符に〈五宗の学,三蔵の教〉とあることからもうかがわれ,藤原氏祖先の伝記である《家伝》(鎌足伝)も藤原鎌足が飛鳥元興(がんごう)寺に五宗の研究の費用を寄付したと伝えている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なんとろくしゅう【南都六宗】
奈良時代の六つの仏教宗派。三論・法相ほつそう・成実じようじつ・俱舎くしや・律・華厳けごん。平安以降に成立する諸派に比べて、信仰・教化よりも学問的研究を重視。六宗。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

南都六宗
なんとろくしゅう
奈良時代の六つの学派仏教。すなわち法相(ほっそう)宗、三論(さんろん)宗、倶舎(くしゃ)宗、成実(じょうじつ)宗、華厳(けごん)宗、律(りっ)宗の総称。これらは、唐を中心として発達した仏教が、遣唐使とともに唐に渡った留学僧によってもたらされたものである。その伝来の順は、まず玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)の開いた法相宗を道昭(どうしょう)が伝え、ついで道慈(どうじ)が隋(ずい)の嘉祥大師吉蔵(かじょうだいしきちぞう)より三論宗を学んでこれを伝えた。さらに、これらとともに倶舎論を学ぶ倶舎宗や、成実論を主とする成実宗なども伝わった。これらは仏教の論を中心とした宗で、経を中心としたものは、唐の賢首大師法蔵(けんじゅだいしほうぞう)の開いた『大方広仏華厳経(だいほうこうぶつけごんきょう)』に基づく華厳宗が新羅(しらぎ)の審祥(しんじょう)によって伝えられた。そこで審祥に学んだ良弁(ろうべん)は、聖武(しょうむ)天皇とともに東大寺を創建して、華厳経の本尊の毘盧舎那仏(びるしゃなぶつ)を安置した。とくに聖武天皇は戒律を唐に求めるために興福寺の栄叡(ようえい)と大安(だいあん)寺の普照(ふしょう)を遣わして、揚州の大明寺(だいみょうじ)に住していた鑑真(がんじん)に律宗の将来を促した。鑑真は意を決して743年(天宝2)より五度の遭難を乗り越えて753年に渡来し、日本に律宗を伝えた。[平岡定海]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なんと‐ろくしゅう【南都六宗】
〘名〙 奈良時代、奈良の地で興隆し、以後も行なわれた仏教の宗派。三論・成実・倶舎・法相・華厳・律の六宗。この六宗は仏教哲学の研究団体であり、後世の宗派と異なり、一つの寺院の中にいくつもの宗(衆)があり、兼学も行なわれた。興福寺は法相に、東大寺は華厳に、唐招提寺は律に重きをおくという違いがあった。奈良六宗。
※葉子十行本平家(13C前)一〇「南都六宗の賓、地に跪き」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

南都六宗
なんとろくしゅう
奈良時代,奈良の都におこった仏教の六つの学派
「なんとりくしゅう」とも読む。三論・成実 (じようじつ) ・法相 (ほつそう) ・倶舎 (ぐしや) ・華厳 (けごん) ・律の6宗をいう。「宗」ははじめ「」とも書いたように,仏教の哲学的研究の団体であり,後世の宗派と違い,一つの寺院の中にいくつもの衆(宗)があった。興福寺は法相に,東大寺は華厳に,唐招提寺は律に重きを置いた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南都六宗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南都六宗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.