Rakuten infoseek

辞書

カボチャ

デジタル大辞泉

カボチャ
《〈ポルトガルCambodiaから》ウリ科の蔓性(つるせい)の一年草。茎は五角柱で、巻きひげがあり、地をはう。葉は大形の心臓形。夏、黄色の雄花と雌花とをつけ、大形の扁球状などの実を結ぶ。果実および種子は食用。熱帯アメリカの原産で、日本にはポルトガル船によってもたらされた。カンボジア原産と考えられたところからの名という。とうなす。からうり。なんきん。ぼうぶら。 実=秋 花=夏》「我が―ひき臼程になりにけり/虚子
[補説]「瓜」とも書く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なん‐か〔‐クワ〕【南×瓜】
カボチャのこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼうぶら【南瓜】
《〈ポルトガル〉abóboraから》カボチャのこと。西日本でいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

カボチャ【南瓜】
ポルトガル Cambodia から〕
ウリ科のつる性一年草の野菜。熱帯アメリカ原産。カンボジアから渡来したのでこの名がある。茎は長く伸び、巻きひげがあって地をはう。葉は大きく、円心形ないし卵円形で浅く五裂する。雌雄同株。夏、葉腋に黄色の花をつけ、花後、大形の瓜果を結ぶ。果肉および種子を食用にする。多くの栽培種がある。トウナス。ナンキン。ボウブラ。 [季] 秋。 〔「南瓜」とも書く。「南瓜の花」は [季] 夏〕
[句項目] カボチャに目鼻

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

南瓜 (アコダウリ)
植物。平たく丸い金冬

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南瓜 (カボチャ・ナンカ;ナンガ;ボウブラ;ボブラ)
学名:Cucurbita moschata
植物。ウリ科のつる性一年草,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なん‐か ‥クヮ【南瓜】
〘名〙 =カボチャ(南瓜)〔薬品手引草(1778)〕 〔本草綱目‐菜部・南瓜・集解〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カボチャ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カボチャの関連情報

関連キーワード

新生「カンボジア王国」UNTACCLMVカンボジアUNTACカンボジアアンタックキュー・サムファンカンボジア

他サービスで検索

「カボチャ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.