Rakuten infoseek

辞書

南洋【ナンヨウ】

デジタル大辞泉

なん‐よう〔‐ヤウ〕【南洋】
日本の南方、特に太平洋の赤道付近の海洋とその洋上にある島々総称。第二次大戦後はほとんど用いられない呼称
末の中国で、江蘇省以南の沿海諸省の総称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なんよう【南洋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なんよう【南洋】
日本の南方の熱帯海域およびそこに散在する島々の総称。第二次大戦前・戦中に用いた呼称。
清末に、通商・外交事務を統轄するため、中国沿海各省を二分したときの、江蘇以南の各省を合わせた呼称。 ⇔ 北洋

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

南洋
なんよう
日本では南方のとくに熱帯海域を一般に南洋と総称したが、とくに第一次世界大戦後、国際連盟から統治を委任された旧ドイツ領のマリアナ諸島、カロリン諸島、マーシャル諸島を南洋諸島と称したので、この海域をさして南洋とよぶことが多かった。一方、フィリピンスラウェシ、ボルネオからジャワ、スマトラにかけてのインドネシアまでを表南洋、外南洋とよぶこともあり、これと区別して前記の委任統治領の南洋諸島を裏南洋とか内南洋ともいった。なお中国では揚子江(ようすこう)以南の海岸地方を南洋とよんだというが、時代によってその呼称の指示する地域は変化していて限定することはできない。日本でもこの呼称は昭和初期には盛んに用いられたが、戦後にはほとんど使用されなくなった。[大島襄二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なん‐よう ‥ヤウ【南洋】
〘名〙
① 太平洋の熱帯の海域。
② 日本の南方にあたる熱帯の海洋と島々の総称。第二次世界大戦前、日本の委任統治領であったミクロネシアの島々およびフィリピン・インドネシア諸島などをいった。
※輿地誌略(1826)八「瑪利亜安那諸島〈略〉諳厄利亜の安嵩南洋に航し、此に到るときは、居人なかりしと」
③ 中国南方の海洋。最初は南海とほぼ同じ意味で用いられたが、この海域の重要性が認識されるとともに、清初に正式に南洋の名が定められた。南シナ海・東南アジア沿岸の地域を総称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

南洋
なんよう
清末期,江蘇省以南の諸省の総称で,河北・山東・奉天の3省を北洋と呼んだことに対する言葉
それぞれ担当大臣を置いて外交防衛通商などにあたらせた。なお日本では第二次世界大戦まで,東南アジア地域をさした。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南洋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南洋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.