Rakuten infoseek

辞書

南朝【なんちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

南朝
なんちょう
北朝時代に,大和国吉野を中心に存立した朝廷。京都にあった北朝に対する。吉野朝ともいう。大覚寺統の後醍醐,後村上,長慶,後亀山の4代の天皇の王朝。所在地は大和の金峯山寺,賀名生 (あのう) ,河内の天野金剛寺,観心寺などを転々とした。足利尊氏が延元1=建武3 (1336) 年持明院統の光厳上皇を奉じて入京,光明天皇を立て,両朝の並立が始った。以後,後村上天皇,長慶天皇,後亀山天皇にいたるまで,足利氏の戴する持明院統に対立し,その間足利氏側の内紛および南朝側についた諸武将の奮戦によって勢力を維持したが,河内の楠木正儀幕府にくだり,弘和3=永徳3 (83) 年懐良親王が没すると,南朝の勢力はまったく衰えた。元中9=明徳3 (92) 年 10月足利義満との間に和議が成り,閏 10月5日神器は北朝後小松天皇に渡され,南北朝は合一した。明治になって,南北朝の正閏 (せいじゅん) が問題となり,1911年南朝が正統と勅裁された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なん‐ちょう〔‐テウ〕【南朝】
中国の南北朝時代江南に拠って建国した漢民族の王朝。420年建国のに始まり、の四王朝が、589年の統一まで続いた。三国東晋を加えて六朝(りくちょう)ともいう。
日本で、延元元=建武3年(1336)に後醍醐天皇が大和(やまと)の吉野に移ってから、後村上長慶後亀山天皇と続いた大覚寺統の朝廷。吉野朝。→南北朝時代

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なんちょう【南朝】
南北朝時代(1336‐92),大和国吉野を中心に後醍醐,後村上,長慶,後亀山の4代にわたり存立した大覚寺統の朝廷。京都にあった持明院統の朝廷を北朝とよぶのに対し,こちらを南朝とよび,また吉野朝ともいう。所在地は大和の金峯山寺,賀名生(あのう),河内の天野山金剛寺,観心寺などを転々とした。鎌倉時代後半から天皇家は持明院統,大覚寺統の二つに分裂し,皇位継承などが争われていたが,1336年(延元1∥建武3)大覚寺統の後醍醐天皇と足利尊氏とが決裂して建武政府が崩壊した際,尊氏は持明院統の光厳上皇を奉じて入京,光明天皇を擁立し,一方,後醍醐天皇は京都を脱出して吉野に逃れ,ここに二つの朝廷が並立することになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

なんちょう【南朝 Nán chāo】
中国,東晋王朝を継いで江南に興亡した4王朝,すなわち(420‐479),(479‐502),(502‐557),(557‐589)の総称。北朝に対する呼名。約170年の期間に4王朝が興亡を繰り返し,しかも宋は8人,斉は7人,梁は4人,陳は5人,あわせて24人の天子を数えることは,政情不安の時代であったことを物語る。そのなかで宋の文帝の約30年,梁の武帝の約50年に及ぶ長期の治世はまことに異例のことであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なんちょう【南朝】
日本で南北朝時代(1336~1392)に、奈良の吉野を中心に存立した大覚寺統の朝廷。後醍醐・後村上・長慶・後亀山天皇と四代続いた。吉野朝。
中国で、南北朝時代に江南を支配した漢民族四王朝の総称。宋(420~479)・斉(479~502)・梁(502~557)・陳(557~589)をいう。
▽⇔ 北朝

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

南朝
なんちょう
南北朝時代、京にあった持明院統(じみょういんとう)の北朝に対し、大和国吉野などに拠って正統を主張した大覚寺統の朝廷。吉野朝ともいう。後醍醐・後村上・長慶(ちょうけい)・後亀山の4代を数える。1336年(建武3・延元1)に足利尊氏・直義(ただよし)兄弟の離反によって建武政権が崩壊した際、後醍醐天皇は「三種の神器」を携えて京を脱出して南朝を建てた。南朝ははじめ畿内南部や九州・関東・奥州などの武士の一部の支持を得て北朝・足利氏に対抗し、前後数度にわたり京を奪還したが、次第に劣勢となり、1392年(明徳3・元中9)に後亀山天皇から北朝後小松天皇へ神器が渡されて、南朝は事実上北朝に吸収された。この際、両統から交互に皇位継承者を出すなどの条件が示されたが遵守されず、これを不満とした旧南朝支持勢力による小規模な蜂起がしばらく散発した(これを後南朝とよぶ)。のちに明治天皇の勅裁によって正統と認定され、現在は南朝の諸天皇が歴代数に算入されている。[新田一郎]
『田中義成著『南北朝時代史』(1979・講談社学術文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なん‐ちょう ‥テウ【南朝】
[一] 中国の南北朝時代に江南におこった漢民族の諸王朝。東晉の滅亡から隋の統一までの約一七〇年間に、宋・斉・梁・陳の四朝(四二〇‐五八九)が興亡した。三国の呉と東晉の二朝を含め六朝ともいわれる。〔北史‐序伝〕
[二] 京都から、奈良時代の朝廷をさしていう語。
※続日本後紀‐承和一一年(844)九月一六日「近江権守従四位下藤原朝臣貞主卒也。貞主、南朝参議従三位大蔵卿楓麿之孫」
[三] 南北朝時代、建武三=延元元~明徳三=元中九年(一三三六‐九二)まで大和国(奈良県)吉野を中心に近畿南部に置かれた大覚寺統の朝廷。後醍醐天皇に始まり、後村上・長慶・後亀山天皇の四代五七年間で、後亀山天皇の時、北朝の後小松天皇を猶子として譲位、北朝と合体した。皇統の正統性を主張して、北朝を擁立する室町幕府と争い、その支配領域は最初、九州・東北など全国に拠点を有し、勢力を振るったが、その後次第に制圧されほぼ畿南地方に限定された。吉野朝。
太平記(14C後)二一「南朝(なんテウ)の年号延元三年八月九日」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.