Rakuten infoseek

辞書

南島【なんとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

南島
なんとう
三重県中南部,南伊勢町西部の旧町域。熊野灘に臨む。 1955年吉津町,島津村,鵜倉村,中島村が合体して南島町が発足。 2005年南勢町と合体して南伊勢町となった。地名は,この地が志摩国に属し,南志摩と呼ばれ,南島 (みなみしま) があてられていたことにちなむ。集落はリアス小湾の奥に孤立して点在,これらを結んで国道 260号線が通る。交通は長い間海上交通に頼っていた。産業はブリ定置網,真珠,ハマチ,クロノリの養殖とミカン栽培が主。孤立的集落のため民俗学的にも貴重な習俗が残る。竈 (かまど) 集落と呼ばれる竈のつく8集落があって八ヶ竈と呼ばれた。平家落人の隠田集落ともいわれ,八ヶ竈八幡神社の珍しい竈方祭 (かまがたまつり) の催事を伝える。海岸部は伊勢志摩国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なん‐とう〔‐タウ〕【南島】
南方にある島。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なんとう【南島】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

はえのしま【南島】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

みなみじま【南島】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なんとう【南島】
南方の島々。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

南島
(東京都小笠原村)
新東京百景指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なん‐とう ‥タウ【南島】
[1] 南方に所在する島。
※本朝文粋(1060頃)一二・池亭記〈兼明親王〉「南島之五大夫作老伴。東岸之一脉泉為知音
[2]
[一] 琉球諸島のこと。
※続日本紀‐文武二年(698)四月壬寅「遣下二務広弐文忌寸博士等八人于南嶋上レ国」
[二] 西太平洋のサイパン・パラオ一帯の島々のこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.