Rakuten infoseek

辞書

南岸低気圧【なんがんていきあつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

南岸低気圧
なんがんていきあつ
東シナ海や台湾付近で発生して発達しながら東に進み,日本の南海上や南岸を通過する低気圧。この気圧配置になると,西日本や東日本の太平洋側に降水がもたらされるが,特に冬季や春の初め頃に八丈島付近を通過すると関東平野部で大雪となることがある。この低気圧は日本の東に抜け,急に発達して北日本に荒れた天気をもたらし爆弾低気圧と呼ばれることがある。(→東シナ海低気圧

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なんがん‐ていきあつ【南岸低気圧】
日本の南海上を発達しながら東から北東の方向に進む低気圧。冬から春にかけて発生しやすく、太平洋側の地域に雪や雨を降らせる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なんがんていきあつ【南岸低気圧】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なんがんていきあつ【南岸低気圧】
日本の南海上、または南岸を北東ないし東北東へと進む低気圧のこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

南岸低気圧
東シナ海や四国沖などで発生し、日本列島の南海上を発達しながら東~北東へ進む低気圧。1年を通じて見られるが、特に冬から春にかけて発生しやすい。南岸低気圧に吹き込む南からの暖かく湿った空気と、北から流れ込む寒気がぶつかり合い、太平洋側を中心に雨や雪をもたらす。南岸低気圧が本州に近いコースをとった場合は雨、本州から離れたコースをとった場合は雪になる可能性が高い。雨雲・雪雲の範囲から外れるほど本州から離れたコースをとった場合には、降水自体がなくなることもある。このほか、南岸低気圧の発達の程度や気温なども雨か雪かを左右し、降水量にも影響を与える。
(2014-2-18)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南岸低気圧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南岸低気圧の関連情報

他サービスで検索

「南岸低気圧」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.