Rakuten infoseek

辞書

南北【ナンボク】

デジタル大辞泉

なん‐ぼく【南北】
南と。また、南と北との間。「南北に縦断する道」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

なんぼく【南北】
南と北。 ⇔ 東西 「東西-」 「 -アメリカ」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なんぼく【南北】
鶴屋つるや南北

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なん‐ぼく【南北】
[1] 〘名〙
① 南と北。また、南と北との間。
懐風藻(751)従駕吉野宮〈大伴王〉「朝雲指南北 夕霧正西東」 〔王延寿‐魯霊光殿賦〕
② 江戸時代、江戸の南町奉行所と北町奉行所。
※雑俳・柳多留‐八一(1824)「南北の手本に残る政要記」
[2] 江戸時代、大坂の遊里である、南の道頓堀・新町と北の堂島新地をさす。
浮世草子・好色盛衰記(1688)一「けふよりこのお女良一代は外へかはしませぬ合点じゃとうけあひて、南北(ナンボク)の客、ひとりもあはすなと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南北」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南北の関連情報

他サービスで検索

「南北」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.