Rakuten infoseek

辞書

卒倒【そっとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

卒倒
そっとう
lipothymia
突然意識を失ってれること。精神的,肉体的過労やショックによって起る倒は,体質的に低血圧貧血の人に起りやすく,顔色は青くが弱いのが特徴。脳卒中の場合は,顔面は紅潮し脈は強い。てんかんの場合は特有のけいれん発作がある。このほか狭心症などの心疾患,酸素不足や一酸化炭素中毒メニエール症候群など原因はさまざまである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そっ‐とう〔‐タウ〕【卒倒】
[名](スル)脳貧血などにより突然意識を失って倒れること。「驚きのあまり卒倒する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

そっとう【卒倒】
スル
脳貧血や衝撃で気を失い倒れること。 ショックを受けて-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

卒倒
そっとう
意識を失って不意に倒れることの総称であり、種々の場合がこれに含まれる。意識の消失が短時間で一過性であれば失神とよんでいる。また、意識障害を伴って卒倒する代表が、脳血管の障害によっておこる脳卒中である。[渡辺 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そっ‐とう ‥タウ【卒倒】
〘名〙 急にめまいがして倒れること。脳貧血や、脳震盪(しんとう)などによって起こり、一時気をうしなう。〔医語類聚(1872)〕
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉二「之を合して磠砂精と為せば其気以て人を卒倒せしむ可し」 〔石室秘籙‐暴死〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

卒倒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

卒倒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.