Rakuten infoseek

辞書

【ハン】

デジタル大辞泉

はん【半】
半分。半分の数量。2分の1。「一個」「一メートル
正時から30分過ぎた時。「六時
2で割り切れない数。奇数。「丁(ちょう)かか」⇔
田畑の面積の単位。太閤検地以前は180歩、以後は150歩。
名詞の上に付いて、なかば、または、ほとんどその状態であることなどの意を表す。「植民地」「狂乱」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん【半】[漢字項目]
[音]ハン(呉)(漢) [訓]なかば
学習漢字]2年
二つに分けた片方。全体の二分の一。「半額半径半減半身半日半半半分一半過半折半前半大半
まだ全体に行き渡らない。中途。「半旗半熟半可通夜半(やはん)
奇数。「丁半
(文字分析から)八十一歳。「半寿
[名のり]なか
[難読]半銭(きなか)半蔀(はじとみ)半被(はっぴ)半靴(ほうか)夜半(よわ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はん【半】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はん【半】
なかば。はんぶん。 一つ- 二倍-
一時間の2分の1。昔の時刻では刻の2分の1。 六時- 五つ-
二で割り切れない数。奇数。 ⇔ ちよう 丁か-か
主として鎌倉・室町時代に用いられた田畑の地積を表す語。一段が三六〇歩で、その2分の1の一八〇歩をいう。太閤検地以後は一五〇歩。 →
名詞の上に付いて複合語をつくり、なかば、半分、不完全ななどの意を表す。 -病人 -殺し -煮え

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はん【半】
〘名〙
① なかば。二つに分けた一つ。
※とはずがたり(14C前)三「御すはんにあけらる」
※春迺屋漫筆(1891)〈坪内逍遙〉壱円紙幣の履歴ばなし「我悲みを半(ハン)にす」 〔易経‐繋辞下〕
② 刻または時間の二分の一をいう。「二つ半」「午前六時半」など。
※羅葡日辞書(1595)「ヒトトキ fan(ハン)
③ 二で割りきれない数。奇数。丁(ちょう)の対。「丁か半か」
※今川大双紙(15C前)上指をさす次第之事「矢数てうにささば、鞭を一筋指そゆる也。若又矢数半ならば、べちに指べき也」
④ 田の面積をいう。一段の半分。太閤検地以前は、一八〇歩、それ以後は一五〇歩をいう。
※大賀村検注取帳副日記‐応永一一年(1404)一一月二五日(古事類苑・政治七二)「六十歩と云は足数六十也、小と云は二六十歩也、半と云は三六十歩也 大と云は四六十歩也」
⑤ (「はんかつう(半可通)」の略) 半粋のこと。近世の美意識で、野暮より以下とされた。
※随筆・独寝(1724頃)下「わるうすいになりて、夫にりんきせずに居る女あり。は半といふものにして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

半の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.