Rakuten infoseek

辞書

半面【ハンメン】

デジタル大辞泉

はん‐めん【半面】
顔の半分。
ある広さの表面の半分。「テニスコートの半面を使う」
物事の片方の面。一面。「問題の半面しか見ない」「父親としてのやさしい半面もある」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はんめん【半面】
顔の半分。
表面の半分。片側。 「コートの-」
物事の一方だけの面。一面。 「 -の真実でしかない」 「隠された-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はん‐めん【半面】
[1] 〘名〙
① 面の半分。また、顔の半分。片面
正法眼蔵(1231‐53)自証三昧「或従知識の正当恁麽時、あるひは半面を相見す、あるひは半身を相見す」 〔南史‐后妃伝〕
② 物の片側。別の面。ある一方だけの面。また、相対するもののもう一つの面。
※地理初歩(1873)〈文部省編〉二「東の半面を、示したる図を、東半球の図と云ひ」
③ (━する) 隠れ忍ぶこと。
※吾妻鏡‐元暦元年(1184)三月一三日「広常誅戮之後、成恐怖面辺土
④ 俳優が、顔の上半分、または下半分に仮面をつけた状態。
歌舞伎・茨木(1883)「よろしくあって、よき程に鬼の半面になり」
⑤ 歌舞伎で顔をそぎ落とされた場面などに口にくわえて用いる張子の面。くわえめん。
[2] 俳句雑誌。明治三四年(一九〇一)八月から同四一年七月まで断続的に刊行。主情的で自由な主観句を提唱。岡野知十を主幹とし荻原井泉水、渡辺水巴らが輩出。半面派と呼ばれた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

半面」の用語解説はコトバンクが提供しています。

半面の関連情報

他サービスで検索

「半面」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.