Rakuten infoseek

辞書

半色【はしたいろ】

色名がわかる辞典

はしたいろ【半色】
色名の一つ。端色とも書く。濃いと薄い紫の中間の色をさす。平安時代、濃い紫は禁色きんじきであり、特定の身分の者にしか許されていなかったが、薄い紫は許されていた。半色はその中間であるが、この色も許されたという。もとは、どんな色とも呼べない中途半端な色のことであったが、禁色にならない紫に人気が集まったため、紫系統をいうようになったとされる。禁色に対し誰でも着用できる色を「許色ゆるしいろ」といった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

半色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

半色の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.