Rakuten infoseek

辞書

半生【ハンショウ】

デジタル大辞泉

はん‐しょう〔‐シヤウ〕【半生】
生死のさかいにあること。「半死半生

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん‐せい【半生】
一生の半分。また、ある時まで送ってきた生涯。今までの人生。「半生を振り返る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん‐なま【半生】
[名・形動]
なま煮えであること。また、そのさま。「半生な(の)野菜」
なま乾きであること。また、そのさま。「半生な(の)イカ」
知識などが十分でないこと。また、そのさま。半可通。「半生な(の)学問」
半生菓子(はんなまがし)」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はんしょう【半生】
生死の境にあること。はんせい。 半死-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はんせい【半生】
一生の半分。人間の生涯の半分の期間。 教育に-を捧げる 後-
はんしょう(半生)に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はんなま【半生】
名 ・形動
なま煮えであること。 -の芋
知識などがなまはんかで不十分なこと。半可通。 -な知識をひけらかす
「半生菓子」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はん‐しょう ‥シャウ【半生】
〘名〙 (古く「はんじょう」とも) 生死のさかいにあること。「半死半生」 〔文明本節用集(室町中)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん‐せい【半生】
〘名〙
① 一生涯の大部分。また、大人になってからの生涯の大部分。半世。
※両足院本山谷抄(1500頃)二〇「我は六十で有ほどに、はや半生を過たに」 〔牟融‐贈鴎陽詹詩〕
② 死にかかっていること。はんしょう。〔庾信‐慨然成詠詩〕
③ なかば生(なま)であること。はんなま。
※随筆・孔雀楼筆記(1768)一「米釜中に在て、半生半熟す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん‐なま【半生】
〘名〙
① (形動) 十分に煮えたり、乾いたりしていないこと。また、そのさま。「半生の芋」
③ (形動) 知識などが、生はんかであること。また、そのさま。「半生の学問」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

半生」の用語解説はコトバンクが提供しています。

半生の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.