Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

半濁音【はんだくおん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

半濁音
はんだくおん
パ行音に与えられる名称。清音濁音に対する。音声学的にいえば,/p-/ は無声音で,/b-/(バ行)の有声音に対するものであるが,日本語の歴史で,ハ行音に /*p-/>/h-/ の音韻変化が生じたために,無声対有声の /*p-/ 対 /b-/ が,清音対濁音の /h-/ 対 /b-/ の関係にずれてしまった。そのために,あきまになった /p/ の位置に外国からの借用語音として入ったのが,いまのパ行音(半濁音)である(促音のあとおよび擬声音を除く)。この観点からは,半濁音の名称もそれなりの意味をもつ。符号「◦」は,元来は清音の四声を示す印であったが,これを半濁音符として用いだしたのは室町時代末期のキリシタン資料からである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はんだく‐おん【半濁音】
五十音図のハ行の仮名に半濁音符「゜」を付けて表す「」の音節。音声学的には、両唇の無声破裂音pを頭子音にもつ音節。→清音濁音拗音

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はんだくおん【半濁音】
古来,パピプペポの5音を半濁または半濁音とよびならわしてきている。また,ハ行のかなの肩につける〈゜〉を半濁音符また半濁点ということがある。この半濁という名目が,清音および濁音に対して設けられたのは,いつのことか知りがたいが,観応の《補忘記(ぶもうき)》(1687)にはすでに用いられている。他方,同時代の契沖の《和字正濫鈔(わじしようらんしよう)》(1693)では,半濁のことを〈清濁の間の音〉として説いているが,とくに半濁という名目はみえていない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

半濁音
はんだくおん

ハ行の仮名に半濁点(゜)をつけた仮名文字で表す音節(拍)で、パ・ピ・プ・ペ・ポ・ピャ・ピュ・ピョをいう。頭子音は無声音[p]で、バ行子音の有声音[b]と音声的に両唇破裂音で対応する。「半濁」の用語は近世初期から声明(しょうみょう)関係で用いられた語で、貞享(じょうきょう)4年(1687)版『補忘記(ぶもうき)』にも例がある。

[秋永一枝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はんだく‐おん【半濁音】
〘名〙 五十音図のハ行のかなの受け持つ音韻のうち、頭子音が無声のpすなわち半濁であるもの。かなが半濁音で読まれるべきことを示すために半濁音符が用いられる。明治六年(一八七三)の文部省「小学教授書」には「半濁音の図」が掲げられ、同七年の文部省「小学入門」には、パピプペポを次清音として示している。
※漢字三音考(1785)鳥獣万物の声「外国の引く音曲る音急促(つまる)音ンの音ハの行の半濁音等は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

半濁音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

半濁音の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.