Rakuten infoseek

辞書

半済【はんぜい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

半済
はんぜい
荘園年貢半分室町幕府支配下の武士が兵粮料として取得し,残り半分を荘園領主に納めることをいう。南北朝時代に,足利尊氏が北朝の観応3 (1352) 年7月に近江国,美濃国,尾張国の3ヵ国の本所領年貢の半分を兵粮料所として当年1作だけ武士に給与したことに始まる。次いでこれを軍勢派遣の8ヵ国に拡張したが,武士が受給した半済分はなかなか返還されないだけでなく,幕府の許可を得ないで,武士が半済と称して自由に本所領などを押領することなどが起こり,幕府は北朝の応安1 (1368) 年に禁裡御料所などを除き,諸国本所領の半分を武士が長く預かるべきことを定めた。この半済の制は本所領に打撃を与え,守護大名分国の成立を推進した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はん‐さい【半済】
[名](スル)
借りたものの半分を返済すること。
はんぜい(半済)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん‐ぜい【半済】
室町時代、幕府が南北朝内乱による軍費を調達するため、荘園年貢の半分を守護を通じて配下の武士に与えた制度。のちには下地そのものを荘園領主と半分ずつ領有するようになり、武士の荘園侵略を促すこととなった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はんぜい【半済】
鎌倉~室町時代に使われた経済用語で,年貢などを半分納入すること。〈はんせい〉〈はんさい〉ともいう。(1)年貢公事などに対して半納の意味をもつ半済は鎌倉時代からみられるが,興味ある事実は,15世紀から16世紀初頭にかけて山城国や和泉国の百姓層による年貢減免(半納)動向を意味する半済である。山城の場合,土一揆(つちいつき)を自己の軍事力として組織しようとした香西(こうざい)元長が,土民への半済給付や京の下京への地子銭免除を行ったが,これらを背景に百姓層は年貢の半済(半納)を要求していった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

はんさい【半済】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はんさい【半済】
( 名 ) スル
はんぜい(半済)」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はんぜい【半済】
〔「はんせい」とも〕
半分だけ返済すること。はんさい。
中世、年貢などの半分を納入すること。
南北朝・室町初期に、室町幕府が、特定の国の荘園の年貢の半分を、一年に限って守護に与えた制度。戦費や配下の武士の恩賞にあてられた。のち、地域・期間を限定せず、荘園の下地したじの半分そのものの領有を認めたため、守護による荘園侵略の一手段となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

半済
はんぜい
室町幕府が南北朝内乱に際して、特定の国に対し、守護を通じて荘園(しょうえん)年貢の半分を、その配下の武士の兵粮料(ひょうろうりょう)や恩賞として、1年に限って給与した制度。本来半済とは年貢などの半分を納済することをいい、いわば年貢などの減免・未進を意味するものである。早い例では1197年(建久8)香取(かとり)社遷宮作料を課せられた下総(しもうさ)国印東(いんとう)荘(千葉県印旛(いんば)郡)などで、その作料米を対捍(たいかん)して半済にしたという記録(『鎌倉遺文』960号)があり、13世紀以後各地の荘園でもその事例がある。制度的に一般化するのは、戦時に兵粮米を徴収する慣行と結び付いて行われた室町幕府の半済制度である。すなわち、南北朝内乱が始まると、各地の守護が戦費調達や恩賞給与のため、兵粮料所(りょうしょ)を濫設し、南朝側でも、朝用分(ちょうようぶん)と称して臨時の徴発を行った。これによって打撃を受けた荘園領主らは、幕府にその禁止を求めたが、幕府は引き続き軍費や恩賞地を求めざるをえず、窮地にたった。そこで1352年(正平7・文和1)幕府は半済法を公布し、当時戦略上の要地であった近江(おうみ)(滋賀県)、美濃(みの)(岐阜県)、尾張(おわり)(愛知県西半部)の3か国の本所領半分について、当年作に限り兵粮料所とし、これを守護を通じて国内の配下武士に給与した。翌年には施行範囲を8か国に拡大した。初め兵粮料所の濫設を制約するねらいをもったこの半済法も、内乱が長引くにつれて恩賞地化し、さらに1368年(正平23・応安1)の半済令にみられるように、下地を分割して荘園領主と給人武士が半分ずつ領有するに至った。その後応仁(おうにん)・文明(ぶんめい)の乱(1467~77)でも、東西両軍は広範に半済を実施したが、半済地の給与管理権を握る守護は、この制度をてことして恩賞地的給与を行い、荘園制を解体に導くとともに、大名領国体制を推進していったのである。[島田次郎]
『宮川満著『荘園制の解体』(『岩波講座 日本歴史7』所収・1963・岩波書店) ▽小川信著『南北朝内乱』(『岩波講座 日本歴史6 中世2』所収・1975・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はん‐さい【半済】
太平記(14C後)三九「一国の寺社本所領を半済(はんサイ)して、家人共にぞ分行ける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん‐せい【半済】
〘名〙
① 中世、年貢などの納物を半分納めること。半々にすること。はんさい。
※東寺百合文書‐り・弘安二年(1279)二月一三日・海老名季政契状「わかさのくにたらのしゃうのはんせいの事」
② 南北朝から室町初期、幕府が軍費を調達するために特定の寺社本所領、国衙(こくが)領などの年貢の半分を一年をかぎって武士に与えた制度。はんさい。
※園太暦‐観応三年(1352)七月八日「山城辺可半済
③ 室町幕府が、地域や期間を限定せず、下地そのものを半分に分割して領有することを認めた制度。はんさい。
※内閣文庫本建武以来追加‐応安元年(1368)六月一七日「其外諸国本所領、暫相分半分、沙汰付下地於雑掌〈略〉早守此旨、云一円之地、云半済之地、厳密可渡于雑掌矣」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

半済」の用語解説はコトバンクが提供しています。

半済の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.