Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

半島【はんとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

半島
はんとう
peninsula
3方が海に囲まれて海に突出した陸地。大規模な半島は地殻変動によってできた隆起部で,小さい半島には硬い岩石の部分が浸食されず残ったものや,島が堆積によってに続いた陸繋島のようなものがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はん‐とう〔‐タウ〕【半島】
海に向かって長く突き出している陸地。小さいものは・鼻などという。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はんとう【半島 peninsula】
海に突き出した陸地の部分。スカンジナビア半島イベリア半島のように大きな半島もあれば,三浦半島のように小さいものもある。半島より小さい陸地の突出部は岬,鼻などと呼ばれることが多い。半島の大きなものは大規模な地盤運動によって形成されるが,小さなものは沈水した山稜部が半島となったり,硬い岩石が浸食から残って突出する場合がある。半島は三方を海に囲まれているため気候は海洋性であり,伊豆半島フロリダ半島のように温暖な気候を利用して保養地,別荘地になったり,かんきつ類,花卉(かき)の産地などになることがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

半島
はんとう
peninsula

陸地が海や湖へ長く突出している部分。大規模な半島としては、アラビア半島、インド半島、バルカン半島などがあり、小規模なものとしては日本の三浦半島(神奈川県)、男鹿(おが)半島(秋田県)、能登(のと)半島(石川県)、佐田岬(さだみさき)半島(愛媛県)などきわめて多い。大小の規模は一般に相対的なものであるから、ヨーロッパ大陸はユーラシア大陸の半島にあたる。北ヨーロッパのスカンジナビア、ヨーロッパ南西部のイベリア、イタリアなどの半島はヨーロッパの半島である。もっとも小規模なものは、陸地が沈水したために尾根部分が半島状に残ったもので、半島という呼称がつけられていないものが多い。

[市川正巳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はん‐とう ‥タウ【半島】
〘名〙 海に向かって細長く突き出た陸地。小さいものは岬(みさき)、崎(さき)、端(はな)などと呼ばれる。
※訂正増訳采覧異言(1801)二「和蘭語に法児弗・厄乙蘭土(ハルフ・エイランド)と云これ半島と云る義にして三面海に臨み一面大陸に連るの地を称するの言なり」
[補注]オランダ語の half eiland (半分の島)、あるいは schiereiland (ほとんど島)の訳語とされる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

半島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

半島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.