Rakuten infoseek

辞書

千/阡/仟【セン】

デジタル大辞泉

せん【千/×阡/×仟】
100の10倍。10の3乗。また、数の多いことにもいう。
[補説]証書などに金額を記すときに「阡」「仟」を用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せん【千】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せん【千】[漢字項目]
[音]セン(呉)(漢) [訓]
学習漢字]1年
〈セン〉
数の名。百の十倍。「千人千両箱数千一騎当千海千山千(うみせんやません)
数の多いこと。「千言千秋千客万来千差万別千里眼
〈ち〉「千草千鳥八千代
[名のり]かず・ゆき
[難読]千歳(ちとせ)千万(ちよろず)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ち【千】
100の10倍。せん。また、他の語に付いて複合語をつくり、数の多いことを表す。「歳(とせ)」「万(よろず)」
「百(もも)に―に人は言ふとも月草の」〈・三〇五九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せん【千】
姓氏の一。千利休を祖とする茶道家元の名が知られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ち【千】
せん。また、他の語と複合して数の多いことを表す。「―歳ちとせ」「―尋ちひろ」など。 「百ももに-に人は言ふとも月草のうつろふ心我持ためやも/万葉集 3059

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん【千】
[一] 姓氏の一つ。
[二] 茶道の家元の名。→千家流

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ち【千】
[1] 千(せん)。百の一〇倍。また、数の多いこと。
※万葉(8C後)一二・三〇五九「百(もも)に千(ち)に人は言ふとも月草の移ろふ情(こころ)吾は持ためやも」
[2] 〘語素〙 千(せん)。また、数の多いことを表わす。「ちとせ(千歳)」「ちよろず(千万)」「ちさと(千里)」「ももちどり(百千鳥)」「やちぐさ(八千草)」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千/阡/仟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

千/阡/仟の関連情報

関連キーワード

ナタリー コーグリンナタリー コーグリンマイケル フェルプスラノミ クロモビジョヨ期待値ラノミ クロモビジョヨシェリー・アン フレーザー・プライスネーサン エードリアンダラ トーレスリスベス トリケット

他サービスで検索

「千/阡/仟」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.