Rakuten infoseek

辞書

千秋楽【せんしゅうらく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

千秋楽
せんしゅうらく
(1) 日本の雅楽曲名。唐楽,盤渉調 (ばんしきちょう。主音ロ) に属する。黄鐘調 (おうしきちょう。主音イ) に移調した曲もある。舞は伴わず,管弦合奏で行われる。大嘗会 (だいじょうえ) のときに監物頼吉という者が作曲したといわれる。 (2) 謡曲高砂』のキリの最後の「千秋楽は民を撫で…」以下の俗称。祝,,演能の付祝言 (つけしゅうげん) などにうたわれる。 (3) 略して「楽 (らく) 」ともいう。歌舞伎人形浄瑠璃,相撲など演劇・芸能の興行の最終日。これは法会などの退出音楽に雅楽の『千秋楽』を用いたことに起因するともいわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せんしゅう‐らく〔センシウ‐〕【千秋楽】
《法要の最後にが奏されるところからという》
(「千穐楽」「千穐樂」「千龝樂」とも書く)芝居・相撲などの興行の最後の日。千歳楽。楽日。らく。
[補説]「穐(龝)」は「秋」の異体字。芝居小屋などが火事に通じる「火」を避けて縁起のいい「亀(龜)」を含む「穐」を用いたものといわれる。
物事の最後。終わり。

雅楽。唐楽盤渉(ばんしき)調新楽の小曲。黄鐘(おうしき)調の移調曲もある。舞はない。哀調のある曲で、後三条天皇大嘗会(だいじょうえ)に監物頼吉(けんもつよりよし)が作ったという。
謡曲「高砂」の終わり、「千秋楽は民を撫(な)で、万歳楽には命を延ぶ。相生(あいおい)の松風颯々(さつさつ)の声ぞ楽しむ、颯々の声ぞ楽しむ」の部分。婚礼などの席で謡われる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんしゅうらく【千秋楽】
雅楽の管絃の曲名。盤渉(ばんしき)調。黄鐘(おうしき)調に渡物(わたしもの)がある。後三条天皇(在位1068‐72)の大嘗会(だいじようえ)に,当時,名人で風俗所預の役目にあった監物頼吉(けんもつよりよし)が勅命によって作ったと伝えられる。一説に唐代の開元年間(713‐741),8月5日の〈千秋祭〉に作られた曲ともいうが,日本で作られた曲と考えるのが妥当であろう。早八拍子,拍子8の小曲。なお,興行の最後の日を〈千秋楽〉または単に〈楽(らく)〉というのは,雅楽の番組の最後に《千秋楽》が演奏されたところから来たとも,能《高砂》の一節に〈千秋楽には民を撫で云々〉とあるところからともいう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

せんしゅうらく【千秋楽】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せんしゅうらく【千秋楽】
が法会ほうえなどの最後に奏されたところからという
相撲・芝居などの興行の最後の日。千歳楽。らく。
謡曲「高砂」の終わりの部分。婚礼のときなどの祝言として謡われる。
雅楽の曲の名の一。盤渉ばんしき調の曲で舞がない。千歳楽。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

千秋楽
せんしゅうらく
雅楽の曲名。舞はなく純粋な器楽曲で唐楽管絃(かんげん)に属す。盤渉(ばんしき)調だが渡物(わたしもの)(一種の移調曲)に黄鐘(おうしき)調のものもある。『龍鳴抄』『教訓抄』には、後三条(ごさんじょう)天皇(在位1068~72)の大嘗会(だいじょうえ)のとき、監物頼吉(けんもつよりよし)が勅命により作曲し、それを左大臣源俊房が盤渉調の曲は数少ないからという理由で発表させた、とある。大嘗会とは即位後初めて行う新嘗会(しんじょうえ)のことで、その年の穀物の収穫を神に感謝する重要な儀礼。饗宴(きょうえん)を盛大に催すため、秋の調子である盤渉調の曲が必要となったと考えられる。曲名は中国皇帝の誕生日「千秋楽節」にちなんだものともいう。曲調が穏やかで哀感を帯びるので、葬礼・弔事にしばしば用いられるほか、仏事法要では最後を厳かに締めくくるのに使われる。黄鐘調の曲は盤渉調の曲より一般的で、特別な意味はなく、旋律も平明なため演奏会でも奏される。俗に相撲(すもう)や歌舞伎(かぶき)などで興行の最終日を「千秋楽」「楽(らく)」「楽日(らくび)」というのはこれに由来するが、歌舞伎では「秋」の字の「火」を嫌って「千龝楽」とも書く。[橋本曜子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せんしゅうらく センシウ‥【千秋楽】
[1]
[一] 雅楽の曲名。唐楽。新楽。黄鐘(おうしき)調と盤渉(ばんしき)調の小曲。舞はない。後三条天皇(在位一〇六八‐七二)の大嘗会(だいじょうえ)に監物頼吉(けんもつよりよし)が作ったという。千歳楽。せんしゅらく。〔龍鳴抄(1133)〕
[二] 謡曲「高砂」の終わりにある文句をさしていう。また転じて、天下太平を祝うことば。
※俳諧・鷹筑波(1638)四「千秋楽(せんシウラク)と祝ふ御夢想 盛久は露の命をたすかりて〈宗俊〉」
[2] 〘名〙
① 能楽・芝居・相撲などの興行期間の最後の日。らく。千歳楽
※雑俳・柳多留拾遺(1801)巻二〇「針立は千秋楽に腹をなで」
② (①から転じて) 物事がいよいよ最後になること。最後。
※浮世草子・好色盛衰記(1688)二「何が浮世のおもしろく男ぐるひをする年かと大笑ひを、千秋楽(センシウラク)にして帰る」
③ 結構な楽しみ。千歳楽。
※俳諧・椎の葉(1692)「おもしろや千秋楽をいとま乞〈才麿〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千秋楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

千秋楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.