Rakuten infoseek

辞書

千早振る【チハヤブル】

デジタル大辞泉

ちはや‐ぶる【千早振る】
[枕]《動詞「ちはやぶ」の連体形から》勢いが激しい意で、「神」、また、地名「宇治(うぢ)」にかかる。
「―神世も聞かず竜田川から紅に水くくるとは」〈古今・秋下〉
「―宇治の渡り滝屋(たきつや)の」〈・三二三六〉
[補説]「ちはやぶる」「ちはやひと」は、勢いが激しい強大な「(うぢ)」のから、同音の「宇治」にかかるようになったといわれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

千早振(ちはやふ)る
古典落語演目のひとつ。「百人一首」「無学者」「無学者論」「竜田川」とも。五代目古今亭志ん生が得意とした。オチは間抜オチ。主な登場人物は、隠居職人在原業平短歌「ちはやふる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは」を題材にしたもの。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちはやぶる【千早振る】
落語の一。在原業平の「千早振る神代もきかず竜田川からくれなゐに水くくるとは」の歌の意味を聞かれた隠居が、苦しまぎれにこじつけの解釈をする滑稽。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちはやぶる【千早振る】
枕詞
動詞ちはやぶの連体形に基づく。後世ちはやふるとも 「神」「宇治」などにかかる。 -宇治の渡りに棹とりに/古事記 -神代も聞かず竜田川から紅に水くくるとは/古今 秋下
千早の歌に同じ。 遣り手知恵格子のすみへ-/柳多留 144

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

千早振る
ちはやふる
落語。別名を「百人一首」というが、もとは『竜田川(たつたがわ)』という上方咄(かみがたばなし)で、初代桂(かつら)文治の作。知ったかぶりの横町の隠居が「千早振る神代(かみよ)もきかず竜田川からくれないに水くくるとは」という百人一首の歌の意味を八五郎に聞かれ、隠居は口から出任せに以下の物語を展開する。竜田川という大関が千早という花魁(おいらん)に惚(ほ)れたが振られ、妹女郎の神代もいうことを聞かないので「千早ふる神代もきかず竜田川」。失望した竜田川は帰郷して豆腐屋になり、10年後、女乞食(こじき)が卯(う)の花(おから)をくれといったのでやろうとすると、それが千早のなれの果て。竜田川は怒っておからをやらず、恥じた千早が井戸へ身を投げて死んだので「からくれないに水くぐるとは」。八五郎が最後の「とは」の意味を聞くと、「とはは千早の本名だ」とサゲる。『やかん』と同工異曲の無学者は論に負けずという咄で、「無学者」「無学者論」という別名もある。[関山和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千早振る」の用語解説はコトバンクが提供しています。

千早振るの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.