Rakuten infoseek

辞書

千少庵【せんの しょうあん】

美術人名辞典

千少庵
安土桃山・江戸前期の茶人。利休次男、宗旦の父。通称は吉兵衛・四郎左衛門、少庵。利休自刃後、会津若松藩主蒲生氏郷に庇護されていたが、再興が許されたのち、不審庵典雅らかな茶風といわれる。慶長19年(1614)歿、69才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

せん‐しょうあん〔‐セウアン〕【千少庵】
[1546~1614]安土桃山時代の茶人。和泉の人。利休女婿。母は利休の後妻宗恩。子は宗旦。法号、宗淳。千家を再興、利休の死後不審庵を継いだ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

千少庵 せん-しょうあん
1546-1614 織豊-江戸時代前期の茶人。
天文(てんぶん)15年生まれ。千利休の婿養子。宮王(みやおう)三郎の子。利休切腹後,会津(あいづ)の蒲生氏郷(がもう-うじさと)をたよる。文禄(ぶんろく)3年ごろ豊臣秀吉にゆるされて京都にもどり,不審庵をついで千家を再興した。慶長19年9月7日死去。69歳。和泉(いずみ)(大阪府)堺出身。通称は吉兵衛,四郎左衛門。法号は宗淳(そうじゅん)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

せんのしょうあん【千少庵】
1546‐1614(天文15‐慶長19)
安土桃山時代の茶人,千家第2世。利休の後妻宗恩の連れ子。実父は宮王(みやおう)三郎三入といわれる。名は吉兵衛,四郎左衛門。少庵宗淳と号す。利休の実子道安とは同年の生れ。利休の娘亀女をめとり宗旦の誕生をみたあと,上洛して茶人としての生活をはじめた。その茶風は,道安の剛に対する少庵の柔と評される。利休の茶法をよく学び,豊臣秀吉の茶道役として仕えたが,利休賜死の後は会津若松の蒲生氏郷を頼って流寓。1592年(文禄1)には氏郷や徳川家康らの取りなしによって赦免され,京都上京(かみぎよう)の本法寺前に屋敷を与えられて,還俗した宗旦とともに千家の再興に力を尽くす。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せんしょうあん【千少庵】
1546~1614 安土桃山時代の茶人。初名宗淳。利休の後妻宗恩の連れ子。利休の女婿。宗旦の父。千家を再興し、利休第二世を名乗った。義兄道安の剛の茶に対し、柔の茶と伝えられる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

千少庵
せんのしょうあん
(1546―1614)
安土(あづち)桃山~江戸初期の茶人。千利休(りきゅう)の義理の子で女婿(じょせい)。実父は宮王(みやおう)三郎三入(さんにゅう)。母宗恩が利休と再婚し千家に入る。利休の実子道安(どうあん)とは同年齢。遅くとも1580年(天正8)以前、堺(さかい)(大阪府)から京都に移り、初め紫野大徳寺門前、ついで二条衣棚(ころもだな)、のち本法寺門前に住む。利休の娘(母不詳)亀(法名喜室宗桂)と結婚、宗旦(そうたん)らをもうける。91年利休賜死後、身柄を会津若松(福島県)の蒲生氏郷(がもううじさと)のもとに預けられたが、赦免後京都に戻り、本法寺門前において千家を再興した。[村井康彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千少庵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

千少庵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.