Rakuten infoseek

辞書

千宗旦【せんの そうたん】

美術人名辞典

千宗旦
江戸前期の茶人利休の孫、少庵の長男。字は元叔のち元伯、咄々不審庵と号する。大徳寺春屋宗園のもとで喝食となり、のち家督を譲られ、わび茶を徹して千家流茶道を確立する。万治元年(1658)歿、81才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

せん‐そうたん【千宗旦】
[1578~1659]江戸初期の茶人。利休の孫。号、元伯・咄々斎(とつとつさい)。茶道家千家再興に努めた。子の宗左宗室宗守を分家させて、武者小路三千家の基礎を築いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

千宗旦 せんの-そうたん

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

千宗旦 せん-そうたん
1578-1659* 織豊-江戸時代前期の茶人。
天正(てんしょう)6年生まれ。千少庵(しょうあん)の子。母は千利休の娘亀。幼時に大徳寺で修行。のち還俗(げんぞく)し,慶長5年家督をつぎ,千家3代となる。生涯仕官せず,茶禅一味をとなえ,侘茶(わびちゃ)の完成につとめた。千家流は子の宗守,宗左,宗室の三千家に継承された。万治(まんじ)元年12月19日死去。81歳。和泉(いずみ)(大阪府)堺出身。号は元伯,元叔,咄々斎(とつとつさい)。
【格言など】愚者千人に讃(ほ)められんよりも,数奇者一人に笑われん事を恥ずべし(「宗旦伝授聞書」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

せんのそうたん【千宗旦】
1578‐1658(天正6‐万治1)
江戸初期の茶人,千家第3世。字は元伯,道号は元叔。別号に咄々斎(とつとつさい),咄斎がある。また〈乞食宗旦〉の異名をとる。父は利休の後妻宗恩の連れ子であった少庵宗淳,母は利休の娘亀女といわれる。幼くして祖父利休の意により大徳寺に入り,春屋宗園に喝食として侍した。早くから詩文をよくして将来を嘱目されたが,千家再興とともに還俗した。このころ長男宗拙,次男宗守をもうけている。1600年(慶長5)には少庵より家督を譲られ,本格的な茶会活動をはじめる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せんそうたん【千宗旦】
1578~1658) 茶道千家の第三世。号、咄々斎・咄斎。千家流茶道の完成者。子、宗左・宗室・宗守を分家させ、表・裏・武者小路の三千家が興った。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

千宗旦
せんのそうたん
[生]天正6(1578)
[没]万治1(1658).12.19. 京都
江戸時代初期の茶人。号は咄々斎,字は元伯。千少庵の子,利休の孫。初め大徳寺の喝食となったが,千家再興が許されたとき少庵とともに不審庵に帰った。利休の末路を考えて生涯仕官せず茶禅一味を提唱し,佗茶に徹したので「乞食宗旦」の異名さえあった。不審庵を江岑 (こうしん) 宗左に譲り,屋敷の北裏に一畳台目の茶室,今日庵を建て,それもまた仙叟宗室に譲り又隠 (ゆういん) で余生をおくった。武者小路千家表千家裏千家の三千家の基礎を築く。宗旦の茶説は『禅茶録』にみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん‐の‐そうたん【千宗旦】
安土桃山・江戸初期の茶人。利休の後妻宗恩の連れ子少庵と、利休の娘の間の子。字(あざな)は元伯、道号は元寂。号は咄々斎など。不審庵、今日庵を開く。千家流の茶道をひろめ、その子らを分家させて表、裏、武者小路の各流(三千家流という)の基を築いた。天正六~万治元年(一五七八‐一六五八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千宗旦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

千宗旦の関連情報

他サービスで検索

「千宗旦」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.