Rakuten infoseek

辞書

千宗左【センソウサ】

デジタル大辞泉

せん‐そうさ【千宗左】
[1619~1672]江戸前期の茶人。表千家の祖。宗旦の三男。号、江岑(こうしん)・逢源斎。不審庵に住み、紀州徳川家に仕えた。「江岑夏書(げかき)」の覚書を残す。以後、表家宗家は代々宗左を名のる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

千宗左 せんの-そうさ
⇒せん-そうさ

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

せんのそうさ【千宗左】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せんそうさ【千宗左】
1619~1672) 茶道千家の第四世。表千家の祖。号、江岑こうしん。宗旦の三男。不審庵に住し、紀伊徳川家に仕えた。以後、表千家宗家は宗左を名乗る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん‐の‐そうさ【千宗左】
(初代) 茶人。江戸初期からの表千家の当主。宗旦の第三子。号は江岑(こうしん)、逢源斎など。不審庵に住み、紀州侯徳川頼宣に仕えた。著に「江岑夏書(げがき)」。慶長一八~寛文一二年(一六一三‐七二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千宗左」の用語解説はコトバンクが提供しています。

千宗左の関連情報

関連キーワード

ニュートン(Sir Isaac Newton)ライプニッツフィールドマウリッツ横須賀藩キリシタン関係主要人名総合年表(アメリカ)服部安休会津神社志

他サービスで検索

「千宗左」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.