Rakuten infoseek

辞書

十日町市【とおかまち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

十日町〔市〕
とおかまち
新潟県南部,信濃川中流域にある市。1954年十日町と中条村,川治村,六箇村の 3村が合体して市制。同年吉田村,1955年下条村,1962年水沢村をそれぞれ編入。2005年川西町,中里村,松代町,松之山町と合体。中心市街地は十日町盆地の中心に位置し,江戸時代初期は高田領に属したが,中期以降会津藩の預領となり,陣屋町として繁栄した。古くから手機 (てばた) が発達し,麻織物集散地としても発展,江戸時代中頃織物に改善が加えられて小千谷縮となった。十日町明石縮,お召など高級絹織物の全国有数の産地。中小の工場のほか賃機による生産も多い。米の産地として知られ,信濃川の支流渋海川流域では棚田が開かれている。また養鯉業も行なわれる。冬季の豪雪地の一つで,ほんやらどう,雪祭の行事は有名。市街地には雪国特有の雁木もみられる。市域の一部は上信越高原国立公園直峰松之山大池県立自然公園に属する。JR飯山線,国道117号線,353号線,403号線などが通る。面積 590.39km2(境界未定)。人口 5万4917(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とおかまち‐し〔とをかまち‐〕【十日町市】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十日町市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

十日町市の関連情報

関連キーワード

キモトリプシン岡山県の要覧劉邦平成の大合併高祖劉邦馬王堆漢墓マラソンレース農家柔道

他サービスで検索

「十日町市」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.