Rakuten infoseek

辞書

十文字【じゅうもんじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

十文字
じゅうもんじ
秋田県南東部,横手市南部の旧町域。横手盆地の南にあり,中心集落は雄物川上流の皆瀬川が形成した扇状地に位置する。 1922年町制。 1954年三重村,1955年睦合村,植田村の2村とそれぞれ合体。 2005年横手市,増田町,平鹿町,雄物川町,大森町,山内村,大雄村の7市町村と合体して横手市となった。大部分が平坦地で,典型的な水田地帯。果樹栽培や製材,製菓,酒造なども行なわれる。奥羽本線開通後は交通の要地として発展。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅう‐もんじ〔ジフ‐〕【十文字】
十の字の形。縦横に交わった形。「十文字に交差する道」
前後左右に動きまわるようす。
「外は―に風が吹いていた」〈漱石行人
十文字轡(ぐつわ)」の略。
十文字槍」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と‐もじ【十文字】
十という文字。また、その形。じゅうもんじ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

十文字(じゅうもんじ)
秋田県横手市にある道の駅。国道13号に沿う。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じゅうもんじ【十文字】
漢数字の「十」の字の形。たてよこに交差した形。十字形。 「道路が-に交わる」
縦横に動きまわるさま。また、刀を縦横に振り回すさま。 「くもで・かくなわ-…八方すかさずきつたりけり/平家 4
「十文字槍」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゅうもんじ【十文字】
秋田県南東部、横手市の地名。横手盆地南部を占め、皆瀬川下流域に立地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ともじ【十文字】
[句項目] 十文字に履む

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

十文字
じゅうもんじ
秋田県南部、平鹿郡(ひらかぐん)にあった旧町名(十文字町(まち))。現在は横手市十文字町で、市の南西部を占める。旧十文字町は、1922年(大正11)町制施行。1954年(昭和29)三重(みえ)村、1955年植田、睦合(むつあい)の2村と合併。2005年(平成17)増田、平鹿、雄物川(おものがわ)、大森の4町および山内(さんない)、大雄(たいゆう)の2村とともに横手市に合併。JR奥羽本線、国道13号(羽州街道)、湯沢横手道路がほぼ並行して走り、342号が交差する。横手盆地の南部、皆瀬(みなせ)川の沖積地に開けた水田単作地帯である。江戸時代の新田開発の地で、米の反収は600キログラム以上で県の最多収穫地である。また県内一のサクランボ栽培のほか、リンゴやブドウの栽培がある。かつては皆瀬川、雄物川の舟運が発達していた。県内唯一の手漉(てす)き和紙づくりも伝承されている。仁井田新山(にいだしんざん)神社の神楽(かぐら)は県の無形民俗文化財。[宮崎禮次郎]
『『十文字町郷土誌』(1958・十文字町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅう‐もんじ ジフ‥【十文字】
〘名〙
① 十の字の形。縦横に交わった形。じゅうもじ。→じゅうもんじに踏む
※古事談(1212‐15頃)一「木の十文字に差たる物、人不之。通憲申云。是は助老と申物也」
② 前後左右、ばらばらに動き回ること。特に、馬に乗って走り入り敵陣をばらばらに打ち破るさまにいう語。
※平治(1220頃か)中「たてさま横さま十文字に、敵をさっとけちらして」
③ 太刀の使い方の一つ。十の字の形に太刀を使うことか。武器を縦横に振り回してあばれまわるさまにいう語。
平家(13C前)四「太刀をぬいてたたかふに、かたきは大勢なり、くもで・かくなは・十文字、とんばうかへり・水車・八方すかさずきったりけり」
※三議一統大双紙(15C前)馬法門「大十文字の取やうは、手綱中にてむすびて、十文字になすなり」
※室町殿日記(1602頃)四「十文字をひっさげて、手綱かいくりしづしづと陣頭へかけ出」
⑥ 道路の四辻。十字路。〔物類称呼(1775)〕
⑦ 烏帽子(えぼし)の上等のもの。〔雍州府志(1684)〕
⑧ 紋所の名。十の字を図案化したもの。
※幸若・夜討曾我(室町末‐近世初)「家々のまくのもむをぞ見たりける。〈略〉十もむしはしまづのもむ」
⑨ 香木の名。分類は伽羅(きゃら)。島津家の香木でその家紋から名付けたという。また、六十一種名香の種子島(たねがしま)と同木ともいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と‐もじ【十文字】
〘名〙 「十」という文字。また、その形。じゅうもんじ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十文字」の用語解説はコトバンクが提供しています。

十文字の関連情報

他サービスで検索

「十文字」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.