Rakuten infoseek

辞書

十和田湖【とわだこ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

十和田湖(湖)
とわだこ
青森、秋田の県境にある二重式カルデラ湖。面積59.8平方キロメートル、周囲44キロメートル、湖面標高400メートル、最大深度326.8メートル。成層火山の噴火により陥没がおこり、現在の十和田湖の輪郭ができ、次の活動期に中央火口丘の中心が陥没して中湖が形成された。湖の南東部に御倉(おくら)山(690メートル)、南西部に中山(なかやま)(534メートル)の両半島が突出しているが、これらはカルデラ内に噴出した中央火口丘である。御倉山半島東側の湖面を東湖(外湖)、中山半島西側の湖面を西湖(内湖)とよび、両半島に挟まれた中湖の南寄りに十和田湖の最深部がある。田沢湖、支笏(しこつ)湖に次ぐわが国で3番目に深い湖である。東岸の子ノ口(ねのくち)から発する奥入瀬川(おいらせがわ)が唯一の排水河川である。
 湖を取り巻く山々はカルデラの外輪山で、御鼻部(おはなべ)山(1011メートル)、白地山(1034メートル)などが連なり、元山(もとやま)峠、鉛山(なまりやま)峠、発荷(はっか)峠などを越える観光道路が通じている。山地を覆う針葉樹やブナ、カエデ、トチ、ナラなどが湖水に四季折々の影を映し、とくに紅葉時の錦(にしき)を織り成す景観は、多くの観光客を集める。南岸の休屋(やすみや)が観光基地で、バスや観光船が発着し、宿泊施設なども多い。
 魚類は生息しなかったが、1903年(明治36)に和井内貞行(わいないさだゆき)(1858―1922)によって、支笏湖のヒメマス(カバチェッポ)を放流し養殖に成功した。十和田八幡平(はちまんたい)国立公園の中心で、奥入瀬渓流とともに特別名勝・天然記念物に指定されている。[横山 弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十和田湖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

十和田湖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.