Rakuten infoseek

辞書

十五夜【じゅうごや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

十五夜
じゅうごや
中秋節芋名月などともいう。旧暦8月 15日の夜,月見団子をつくり,芋,神酒,すすきなどを月下に供える風習がある。中国にも同様の習俗があった。 (→月見 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅうご‐や〔ジフゴ‐〕【十五夜】
陰暦15日の夜。三五(さんご)の夕べ。満月の夜。
陰暦8月15日の夜。中秋の名月の夜で、酒宴を催し、詩歌を詠む習わしがあり、また、月見団子・芋・豆・栗などを盛り、ススキや秋の草花を飾って月を祭る。芋名月初名月 秋》「―やすすきかざして童達/鬼城」→十三夜

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典

十五夜
旧暦の8月15日を「十五夜」「中秋の名月」といいます。「中秋の名月」とは"秋の真ん中に出る満月"の意味で、旧暦では1月〜3月を春、4月〜6月を夏、7月〜9月を秋、10月〜12月を冬としていたことから、8月は秋のちょうど真中であり、8月15日の夜に出る満月ということで、そう呼ばれるようになりました。現在用いられている新暦では1ヵ月程度のズレが生じるため、9月7日から10月8日の間に訪れる満月の日を十五夜・中秋の名月と呼んでいます。

出典:シナジーマーティング(株)

世界大百科事典 第2版

じゅうごや【十五夜】
旧暦8月15日の夜を十五夜,名月,お月見と呼ぶことは,日本各地にゆきわたっている。月見だんごを作り,ススキの穂を供えるのは都市とその周辺の例で,地方には意外な習俗,信仰が十五夜に結びついており,これが単なる風流の夜ではなかったことをうかがわせる。和歌山県西牟婁郡では,十五夜には各戸で稲穂といもを結びつけた高いさおを庭先に立てる風がある。高いさおは神の依代と考えられる。沖縄本島とその南北に連なる島々では,旧8月に〈柴挿し〉をもってはじまる長期の節目があって,祖霊の祭祀とイネの収穫祭があわせ営まれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅうごや【十五夜】
陰暦15日の夜。満月の夜。
陰暦8月15日の夜。この夜、団子や芒すすきの穂、果物などを供えて月をまつる。里芋などを供え、芋名月ともいう。かつては、これらの供え物を子供たちが持ち去るのを喜ぶ風習があった。仲秋。 [季] 秋。 → 十三夜

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

十五夜
じゅうごや
陰暦の毎月15日の満月の夜のことであるが、通例は陰暦8月15日の夜をいう。この夜、月見をしたり、綱引、相撲(すもう)などを行い、年占(としうら)的行事が多い。月の満ち欠けを基準とする太陰暦では、満月はもっともわかりやすい目印であり、生活の折り目のよりどころとなっていた。1月15日の小正月(こしょうがつ)、2月15日の祈念祭、3月15日の梅若ごと、4月15日ごろの神社の春の例大祭、6月15日ごろの祇園会(ぎおんえ)、7月15日の盆、8月15日の月見、11月15日の霜月(しもつき)祭など、1年を通じて月々の満月を目印として祭りを行う例は多い。東北地方には1月の十五夜に、月の光による自分の影を見て1年の吉凶を占う習俗があるが、同じようなことを南西諸島では8月の十五夜に行っている。十五夜がひと月ごとの境であったり、年の境として意識されたことは、祖霊を祀(まつ)ったり、年占をすることからもうかがえることである。[鎌田久子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅうご‐や ジフゴ‥【十五夜】
〘名〙
陰暦一五日の夜。満月の夜。三五の夕べ。
※平家(13C前)四「宮はさ月十五夜の雲間の月をながめさせ給ひ」
② 特に陰暦八月一五日の夜。月見の佳節とし、月下に宴を張って詩歌をよむ。民間では、月見団子・芋・枝豆・柿・栗などをそなえ、ススキや秋草の花を飾り月をまつる。中秋。芋名月。また、江戸時代、吉原の遊里の紋日(もんび)であった。《季・秋》
※宇津保(970‐999頃)内侍督「十五夜にかならず御迎へをせん」
③ 香木の名。分類は伽羅(きゃら)。香味は苦鹹辛。六十一種名香の一つ。「月(一)⑤」と同木だが、匂いが少し重い。中木の部分なので月の中という意味合いで名付けられた。
④ 江戸時代、楊弓・大弓で、銭を賭物(かけもの)にする時、一五文という代わりに用いる隠語。ありあけ。
※随筆・一話一言(1779‐1820頃)一「賭的矢代の筈掛銭の異名、〈略〉十五を有明 十五やとも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十五夜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

十五夜の関連情報

他サービスで検索

「十五夜」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.