Rakuten infoseek

辞書

十二直【ジュウニチョク】

デジタル大辞泉

じゅうに‐ちょく〔ジフニ‐〕【十二直】
暦注の一。暦の日の下に記し吉凶を示したもの。(たつ)・(のぞく)・(みつ)・平(たいら)・(さだん)・(とる)・(やぶる)・(あやう)・(なる)・(おさん)・(ひらく)・(とず)の12語。建除。建除十二段。建除十二辰。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅうにちょく【十二直】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅうにちょく【十二直】
江戸時代、民間で用いた仮名暦の中段に、日々の吉凶をしるし、生活の指針とした一二の言葉。建たつ・除のぞく・満みつ・平たいら・定さだん・執とる・破やぶる・危あやう・成なる・収おさむ・開ひらく・閉とず

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

十二直
じゅうにちょく
暦で、建(たつ)・除(のぞく)・満(みつ)・平(たいら)・定(さだん)・執(とる)・破(やぶる)・危(あやふ)・成(なる)・納(おさん)・開(ひらく)・閉(とつ)、の12を十二直、または十二客(かく)という。日の吉凶を判ずる暦注(れきちゅう)で、暦の中段に記入され、暦中段の吉凶ともいわれ、具注(ぐちゅう)暦では漢字で、仮名(かな)暦では、仮名で書かれた。正月寅(とら)月には正月節のあとの最初の寅の日に建を配し、順次卯(う)日に除、辰(たつ)日に満を配していき、2月卯月の節のあとの最初の卯日に建、翌辰日に除と順を追って配し、それ以降も、3月辰月の節後の最初の辰日に建を、4月巳(み)月の節後の最初の巳日に建を、順に配していくものである。[渡辺敏夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅうに‐ちょく ジフニ‥【十二直】
〘名〙 古くから暦に記載された日々の吉凶を示したもの。建(たつ)・除(のぞく)・満(みつ)・平(たいら)・定(さだん)・執(とる)・破(やぶる)・危(あやう)・成(なる)・収(おさん)・開(ひらく)・閉(とず)の一二語。暦の中段に記された時代があるところから、中段ともいう。建除(けんじょ)。十二客。
※史記抄(1477)一八「建除家曰不吉建除満平定執破危成収開閉ぞ。此は十二直と云ものぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十二直」の用語解説はコトバンクが提供しています。

十二直の関連情報

他サービスで検索

「十二直」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.