Rakuten infoseek

辞書

十二指腸【じゅうにしちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

十二指腸
じゅうにしちょう
duodenum
小腸の最初の部分で,胃の幽門から空腸までをさす。指を 12本横に並べた長さ (約 25cm) というので,この名がつけられた。十二指腸には膵管総胆管が合流して開口している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅうにし‐ちょう〔ジフニシチヤウ〕【十二指腸】
に続く小腸の最初の部分。人間では約30センチ、指を12本並べた長さというのでこの名がある。そのほぼ中央部に総胆管・膵管(すいかん)が一緒に開口しており、胆汁膵液分泌される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

十二指腸
 小腸上部の胃に近い部分.指12本を横に並べた長さであることから命名されている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅうにしちょう【十二指腸 duodenum】
脊椎動物の消化管のうち,胃の出口(幽門)に続く小腸のはじめの部分をいう。ヒトのそれが指を12本横に並べた長さがあるというところからこの名があるが,実際はそれよりやや長く25~30cmある。管状の構造をもち,第1腰椎付近の前右方に始まり,やや右後方へ走行(第1部,球部)したのち急角度で下行(第2部,下行部)して,第3腰椎付近の高さで再び屈曲して,大動脈,大静脈の前を左方へ走り(第3部,水平部),そこからやや上行(第4部,上行部)して第2腰椎付近の左前方,トライツ靱帯(じんたい)ligament of Treitzのところで屈曲して空腸となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅうにしちょう【十二指腸】
〔長さが指を一二本横に並べたほどであるところから命名〕
小腸のうち胃幽門に続く部分。長さ約30センチメートルで C 字型に曲がる。粘液と消化液を分泌。ここに、胆管や膵すい管が開口し、胆汁や膵液が送られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

十二指腸
じゅうにしちょう
脊椎(せきつい)動物(両生類から哺乳(ほにゅう)類)の消化管の一部で、小腸の最初の部分を占め、小腸ではもっとも太い。ラテン語の解剖学名であるduodenumは12を意味し、ヒトの十二指腸ではその長さが12本の指を横に並べた長さに等しいことからこの名称がつけられた。ヒトの十二指腸は長さ約25~30センチメートルで、全体として右方に突出した馬蹄(ばてい)状となっている。もっとも彎曲(わんきょく)した部分を十二指腸曲とよび、その凹部に膵頭(すいとう)(膵臓の右端)がはめ込まれるように付着している。十二指腸は胃の幽門弁を過ぎた部分から始まるが、この位置は第1腰椎(ようつい)のやや右側の高さになり、約5センチメートル続く。この部分を十二指腸上部という。十二指腸の起始部から3センチメートル以内の部分をとくに十二指腸球部とよぶが、これはX線写真でみると幽門の上方で球状あるいは三角状にみえるのでこの名がある。十二指腸球部は十二指腸潰瘍(かいよう)の好発部位とされている。十二指腸は十二指腸曲で8センチメートルほど下行する(第3~第4腰椎の高さ)。この十二指腸曲の後内側壁に胆嚢(たんのう)からの総胆管と膵管が開口している。開口部は粘膜面に円形に隆起し、大十二指腸乳頭(ファテル乳頭)とよぶ。両管が合流して一つに開口する場合と、別々に開口する場合もある。開口部はオッディ括約筋という平滑筋が取り囲んでいる。十二指腸下行部は彎曲下部で左方向に屈曲するとほぼ水平になり(水平部)、約8センチメートル走ってやや斜め上方にあがって(上行部)、第2腰椎左側まで伸び、急に前方に向かって屈曲して十二指腸空腸曲を形成する。十二指腸のなかでは水平部がもっとも細い。十二指腸空腸曲のすぐ後方には腹大動脈と下大静脈とが下行している。
 十二指腸は幽門に続く約2.5センチメートルの部分が前面、後面とも腹膜によって覆われるが、他の部分は前面のみが腹膜に覆われ、後面は後腹壁に固着しているため、十二指腸の大部分は腹膜の後ろにあることになる。十二指腸の内面の粘膜面には多数の輪状に走るヒダが突出し(高さ約5ミリメートル)、腸内壁円周の2分の1から3分の1の長さで重なり合って走っている。この粘膜ヒダの表面にはさらに0.5~1.5ミリメートルほどの粘膜突起が突出しており、これを腸絨毛(じゅうもう)という。腸絨毛は小腸全体にわたって存在するもので、ビロードの表面のような感じを与える。この絨毛構造があるために小腸の吸収面は20平方メートルもの広がりに達することができる。絨毛の根元は消化液を分泌する腸腺(せん)(リーベルキューン腺)の開口部となる。また十二指腸上部の粘膜では絨毛の根元に十二指腸腺(ブルンネル腺)とよぶ粘液腺が開口する。この粘液は十二指腸粘膜を保護する役割があると考えられている。[嶋井和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅうにし‐ちょう ジフニチャウ【十二指腸】
〘名〙
① 胃の幽門部につづく小腸の最初の部分。ヒトでは長さ二〇~三〇センチメートルで、一二本の指を並べた幅の長さだけあるとしてこの名がある。この上部から八センチメートルほど下の十二指腸曲の内側には、胆嚢(たんのう)からの総胆管と膵管が合流して開口し、胆汁・膵液が注入される。特に最初の三センチメートル以内の部分を十二指腸球部といい、潰瘍(かいよう)のできやすい部位として知られる。〔解体新書(1774)〕
※軍隊病(1928)〈立野信之〉三「貴様、十二指腸だぞ! なぜ診断を受けなかったか。馬鹿野郎!」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十二指腸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

十二指腸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.