Rakuten infoseek

辞書

十三経【じゅうさんぎょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

十三経
じゅうさんぎょう
Shi-san-jing
「じゅうさんけい」とも読む。儒教経書 13,すなわち『易経 (周易) 』『書経 (尚書) 』『詩経 (毛詩) 』『周礼 (しゅらい) 』『礼記 (らいき) 』『儀礼 (ぎらい) 』『春秋左氏伝』『春秋公羊 (くようでん) 』『春秋穀梁伝』『論語』『孝経』『爾雅 (じが) 』『孟子』をいう。孔子が教科書としたものに『詩』『書』『礼』の古典があったと伝えられ,また戦国時代には,六 (りくけい) ,十二経の名が伝えられているが,実際には五経が儒教の経書として次第に定着し,漢代には五経 (『易』『書』『詩』『儀礼』『公羊伝』) と『論語』『孝経』が官吏となるものの必修書となった。そののち『礼』『礼記』『左氏伝』『穀梁伝』などが加わり,唐初には,『易』『書』『詩』『礼記』『左氏伝』,次いで『周礼』『儀礼』の伝来の注にさらに詳しく解釈したを加えていわゆる「正義」 (正しい解釈) とし,官吏採用試験の教科書とした。また唐末までには,『論語』『孝経』『爾雅』を加えて十二経となり,前記以外の経書の疏を著わすものが出,北宋 (11世紀) には,『孟子注疏』を加えて,『十三経注疏』とともに十三経の名目が固定した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅうさん‐ぎょう〔ジフサンギヤウ〕【十三経】
中国における儒家の基本的な書物13種。「周易(易経)」「尚書(書経)」「毛詩(詩経)」「周礼(しゅらい)」「儀礼(ぎらい)」「礼記(らいき)」「春秋左氏伝」「春秋公羊(くよう)伝」「春秋穀梁(こくりょう)伝」「論語」「孝経」「爾雅(じが)」「孟子」で、代に定められた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

十三経
儒教の基本的な経典。▽『易経』(周易)、『書経』(尚書)、『詩経』(毛詩)、『周礼』(しゅらい)、『儀礼』(ぎらい)、『礼記』、『春秋左氏伝』、『春秋公羊伝』、『春秋穀梁伝』、『論語』、『孝経』、『爾雅』、『孟子』 ※『爾雅』、『孟子』の代わりに『老子』、『荘子』を入れる説もあり

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

じゅうさんけい【十三経】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅうさんぎょう【十三経】
中国、儒家の一三の基本的経典。周易(易経)・尚書(書経)・毛詩(詩経)・周礼しゆらい・儀礼ぎらい・礼記らいき・春秋左氏伝・春秋公羊くよう伝・春秋穀梁こくりよう伝・論語・孝経・爾雅じが・孟子をいい、宋代に定められた。じゅうさんけい。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅうさん‐ぎょう ジフサンギャウ【十三経】
中国における儒教の一三種の経典の総称。易経・詩経・書経・周礼(しゅらい)・儀礼(ぎらい)・礼記(らいき)・春秋左氏伝・春秋公羊伝(しゅんじゅうくようでん)・春秋穀梁伝(しゅんじゅうこくりょうでん)・論語・孝経・爾雅(じが)・孟子をいう。儒家の経典としては、漢代頃は孔子が刪定したとされる詩、書、礼、楽、易、春秋を六経の名で、また、楽経が早く失われたのでそれを除いて五経の名で呼んだが、その後、礼が三礼に、春秋が三伝に分かれて九経となり、さらに論語、孝経、爾雅、孟子が順次加えられて、宋代にいたって十三経が成立したもの。じゅうさんけい。
※二中歴(1444‐48頃か)一一「詩・書・礼・易・伝五経。公羊・穀梁并七経。周礼・儀礼是九経。論語・孝経十一経。老子・荘子十三経」 〔経学歴史‐経学流伝時代〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

十三経
じゅうさんけい
経書と呼ばれる13種の儒学の古典
『周易 (しゆうえき) (易経)』『尚書 (しようしよ) (書経)』『毛詩 (もうし) (詩経)』『周礼 (しゆらい) 』『儀礼 (ぎらい) 』『礼記 (らいき) 』『春秋左氏伝 (しゆんじゆうさしでん) 』『春秋公羊 (くよう) 伝』『春秋穀梁 (こくりよう) 伝』『論語』『孝経 (こうきよう) 』『爾雅 (じが) 』『孟子 (もうし) 』の十三経で,総称の成立は宋代である。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十三経」の用語解説はコトバンクが提供しています。

十三経の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.