Rakuten infoseek

辞書

区画/区劃【クカク】

デジタル大辞泉

く‐かく〔‐クワク〕【区画/区×劃】
[名](スル)土地などをいくつかの部分に切ること。また、その区切った一つ一つ。「小さく―した分譲地

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

く‐かく ‥クヮク【区画】
〘名〙 ある物をしきって区別すること。また、そのしきられた一つ一つ。しきり。境界。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉六「外敵に向ふの時に至りては、封建制度の区画全く無用のものとなれり」
※道路交通法(1960)二条「縁石線又はさくその他これに類する工作物によって区画された道路の部分をいう」 〔福恵全書‐編審部・総論〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

区画/区劃」の用語解説はコトバンクが提供しています。

区画/区劃の関連情報

他サービスで検索

「区画/区劃」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.