Rakuten infoseek

辞書

区別【くべつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

区別
くべつ
distinction
事象の間にある差異を識別し,認定すること。理性の本質的機能の一つであり,科学的営為の基本。類と種差による定義に立脚するアリストテレス的方法や分類学,「われ区別す」 distinguo合言葉として営まれたスコラ学の弁証法から,判明性 (区別されてあること) を真理認識の本質的要件としたデカルトを経て,現代の精神諸科学に方法的モデルを提供している言語学における弁別特徴の追求にいたるまで,学問史を通して区別の方法的重要性は確認されている。区別は対象に向けられた主観的行為であるから,差異がどこにあるかに従って,実在的区別と概念的区別の2種が立てられるが,ドゥンス・スコツスはこの中間として形相的区別をおき,デカルトも同様な考えを示した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

く‐べつ【区別】
[名](スル)あるものと他のものとが違っていると判断して分けること。また、その違い。「善悪の区別」「公私を区別する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

くべつ【区別】
スル
あるものと他のものとの違いを認めて、それにより両者をはっきり分けること。 -をつける 公私を-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

く‐べつ【区別】
〘名〙 ある事物を違いや種類によって分けること。また、その違い。
舎密開宗(1837‐47)内「按に硫酸鉄同類分〈略〉に分て水中に散ずるなり。之を分散 実斐斉阿 と称して分離 亜那列斉斯 に区別す」
※物理学と感覚(1917)〈寺田寅彦〉「日月星辰の運行昼夜の区別とかいふものが」 〔班固‐幽通賦〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

区別」の用語解説はコトバンクが提供しています。

区別の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.