Rakuten infoseek

辞書

【きた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


きた
北海道中西部,岩見沢市北西部の旧村域。石狩平野の中央に位置する。 1919年村制施行。 2006年岩見沢市に編入。旧村名は開拓功労者の北村雄治による。石狩川東岸を占める代表的米作地帯。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きた【北】
太陽の出る方に向かって左の方角。⇔
北風。 冬》「―寒しだまって歩くばかりなり/虚子
[補説]地名・書名別項。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きた【北】[東京都の区]
東京都北部の区名。荒川右岸にある。昭和22年(1947)滝野川王子の両区が合併して成立。明治時代から製紙・印刷業が発達。大規模住宅団地や飛鳥山公園がある。人口33.6万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きた【北】[札幌市の区]
札幌市北部の区名。北海道大学がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きた【北】[さいたま市の区]
さいたま市北部の区名。旧大宮市の北部にあたる。盆栽村がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きた【北】[名古屋市の区]
名古屋市北部の区名。住宅地工業地。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きた【北】[京都市の区]
京都市北部の区名。昭和30年(1955)上京区から分離大徳寺鹿苑寺上賀茂神社などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きた【北】[大阪市の区]
大阪市北部の区名。中之島公園天満天神造幣局などがある。平成元年(1989)大淀区を合併。また、特に大阪駅・梅田駅周辺の繁華街の称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きた【北】[神戸市の区]
神戸市北部の区名。宅地化が進行有馬温泉がある。昭和48年(1973)兵庫区から分離。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きた【北】[地区の俗称]
江戸城の北の吉原遊郭、大坂曽根崎新地堂島俗称。→西
[補説]現在では多く、堂島に近い梅田の繁華街を指し、「キタ」と書く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きた【北】[堺市の区]
堺市の区名。住宅地化が進む。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きた【北】[新潟市の区]
新潟市の区名。阿賀野川東岸を占める。旧豊栄市域を含む。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きた【北】[浜松市の区]
浜松市の区名。竜ヶ岩(りゅうがし)洞がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほく【北】[漢字項目]
[音]ホク(呉)(漢) [訓]きた
学習漢字]2年
〈ホク〉
きた。「北緯北極北国北上北西北端北部北風北方北洋極北硯北(けんぼく)・最北・朔北(さくぼく)南北
背を向けて逃げる。「敗北
〈きた〉「北風北国北半球
[難読]台北(タイペイ)北京(ペキン)北叟笑(ほくそえ)む

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きた【北】[岡山市の区]
岡山市の区名。造山古墳吉備津神社岡山城などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きた【北】[熊本市の区]
熊本市の区名。植木地区はスイカの生産がさかん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きた【北】[書名]
原題、〈フランス〉Nordセリーヌの小説。1960年刊。「城から城」「リゴドン」と併せ、「亡命三部作」「ドイツ三部作」などとよばれる作品群の第2作目。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きた【北】
観測点から見た地平面の方向を方位といい,東西南北の4基点をもとに北,北北東,北東,東北東,東……など16方位で呼ぶのが一般的である。北は,観測者が太陽の昇る方向(東)に向いたとき左手に当たる方向で,英語のnorthもインド・ヨーロッパ語系のner(on the leftの意)に由来している。古来,中国や日本では十二支(干支(かんし))で方位を呼び,北は子に当たる。
[キタと日本人]
 現代人の場合はどうか知らないが,伝統的な日本人の感性にあっては,〈きた〉(北)といえば寒冷,静寂,冬,夜,暗黒,死者などのイメージが付きまとうほか,女性,胎内,水,知恵などとの連想のもとに観念されることが多かった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きた【北】
方角の一。日の出に向かって左の方角。十二支を配するときは子の方位。 ⇔
北の国。北の地方。 -へ帰る雁がん
北風。 [季] 冬。 あさ-の出で来ぬさきに綱手はや引け/土左
(北半球に多いことから)先進国をさす語。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きた【北】
大阪市北区、大阪駅付近一帯の繁華街の通称。 普通、キタと書くミナミ
東京都北部、二三区の一。工業・商業地。旧滝野川区・王子区が合併。
札幌・名古屋・京都・大阪・神戸の各市の区の一。
江戸の吉原、大坂の堂島あたりの遊里や曽根崎新地の通称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きた【北】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほく【北】
[音] ホク
きた。 北緯・北上・北進・北端・北斗・北部・北面・北洋・北陸・北極・北方・東北
にげる。 敗北

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔北海道〕北(きた)

北(きた)〔常呂郡佐呂間町〕
北(きた)〔中川郡本別町〕
北(きた)〔上川郡比布町〕

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔千葉県〕北(きた)

北(きた)〔流山市
北(きた)〔香取市
北(きた)〔印旛郡栄町〕

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔埼玉県〕北(きた)

北(きた)〔羽生市
北(きた)〔桶川市
北(きた)〔久喜市
北(きた)〔幸手市

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔岡山県〕北(きた)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きた【北】
[1] 〘名〙
方角の名。日の出る方に向かって左の方向。十二支では子(ね)の方角に当たる。
※書紀(720)成務五年九月(熱田本訓)「山の陽(みなみ)を影面(かけとも)と曰ふ。山の陰(キタ)を背面(そとも)と曰ふ」
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「三条の大路よりきた」
② 北風。《季・冬》
土左(935頃)承平五年二月五日「朝きたの出で来ぬさきに綱手はやひけ」 〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 「きた(北)の方(かた)②」の略。
※室町殿日記(1602頃)一「北の慶寿院殿をはじめ奉りて上下御よろこび限なし」
[2]
[一] 江戸城の北にある遊里、新吉原を、南の品川に対していう。北郭(ほっかく)。北国(ほっこく)
※黄表紙・高漫斉行脚日記(1776)上「北の南のたつみのと、えしれぬかたへいざなひける」
[二] 大阪の堂島川、土佐堀川を分ける中之島から北側の地域。特に堂島の付近をいい、また、梅田新道などの歓楽街をさす。
[三] 大阪市の曾根崎新地の俗称。北の新地。
[四] 大阪市の北浜の略称。
[五] 東京都二三区の一つ。昭和二二年(一九四七)、滝野川区・王子区が合併して成立。東京都の北東部、荒川の右岸にある。低地には製紙、化学、印刷などの工業が、台地には住宅地が発達する。
[六] 京都市の行政区の一つ。昭和三〇年(一九五五)上京区から分離して新設。北山丸太の産地で林業が盛ん。南部の市街地は高級住宅地。金閣寺、大徳寺などがある。
[七] 大阪市の行政区の一つ。明治二二年(一八八九)大阪市制施行と同時に成立。大阪市の都心部を形成する経済、文化、交通の中心。
[八] 名古屋市の行政区の一つ。昭和一九年(一九四四)東区と西区から分離して新設。染色業、窯業、繊維工業を主とする工業地帯であったが、現在は住宅団地の造成も進む。
[九] 札幌市の行政区の一つ。昭和四七年(一九七二)市が指定都市となったときに発足。明治八年(一八七五)、屯田兵の入植によって開かれた。北海道大学、茨戸湖などがある。
[十] 神戸市の行政区の一つ。昭和四八年(一九七三)兵庫区から分区成立。六甲山地北麓一帯を占める。有馬温泉がある。
[十一] さいたま市の行政区の一つ。平成一五年(二〇〇三)成立。旧大宮市の北部にあたり、盆栽村がある。
[十二] 青森県の東部におかれていた郡。明治一一年(一八七八)上北・下北の両郡に分割されて消滅。
[十三] 北アルプスの略称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きた【北】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きた‐・す【北】
〘自サ変〙 北に向かって行く。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「此河は是より北し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.