Rakuten infoseek

辞書

北面【キタオモテ】

デジタル大辞泉

きた‐おもて【北面】
北に向いている方。北向き。また、その場所。
「宮より―、大きなる山のほとり」〈宇津保・吹上上〉
宮中や寝殿造りの家などで、北向きの部屋。また、客間に対して内輪の部屋。
「南の院の―にさしのぞきたれば」〈・二七八〉
院の御所を警固する武士詰め所。また、そこに詰める武士。北面(ほくめん)の武士。ほくめん。
「西面、―の者ども」〈宇治拾遺・一二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほく‐めん【北面】
[名](スル)
北に面すること。北向き。「湖に北面する山」
《昔の中国で、君主は南に、臣下は北に面して座ったところから》臣下または弟子の座。また、臣下として主君につかえること。
北面の武士の詰め所。
北面の武士」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きたおもて【北面】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ほくめん【北面】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きたおもて【北面】
北向き。北方。 西の町は-築きわけて、御蔵町なり/源氏 乙女
北向きの部屋。 この猫を-にもいださず思ひかしづく/更級
北面ほくめんの武士のこと。 西面にしおもて、-の者ども/宇治拾遺 12

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほくめん【北面】
スル
北方に面すること。 ⇔ 南面
中国で、臣下は北に面して天子に対面することから 臣下として主君に仕えること。
「北面の武士」の略。また、北面の武士の伺候するところ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きた‐おもて【北面】
〘名〙
① 北の方角。北に向いていること。または、その場所。きたうけ。きなむき。
※宇津保(970‐999頃)吹上上「宮よりきたおもて、大きなる山のほとり」
※俳諧・続猿蓑(1698)春「くもる日や野中の花の北面〈猿〉」
② 宮中や寝殿造りの家などで、北側のへや。奥の方にあり、女房などのいる内輪のへや。
※落窪(10C後)三「『御前なる人北おもてへ』との給へば、皆往ぬ」
③ 院の御所を警固する武士の詰所。ほくめん。また、そこに詰める武士。北面(ほくめん)の武士。
※今鏡(1170)三「鳥羽の院うせさせ給し時は、きたをもてにさぶらひとさぶらふ下臈どもかきたてて」
※愚管抄(1220)四「さてきたをもてには、武士為義、清盛など」
④ (妻はあまり表に出ないで、多く奥まった北の部屋にいたところから) 他人の妻のこと。奥方(おくがた)。北の方(かた)。〔塵袋(1264‐88頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほく‐めん【北面】
〘名〙
① 北に面すること。また、北の面。北向き。北側。きたおもて。
※続日本紀‐天平勝宝元年(749)四月甲午「御盧舎那仏像前殿、北面対像」 〔孟子‐万章・上〕
② (中国で、臣下・弟子は北に面して天子・師に対面したところから) 臣下または弟子の着座の作法。また、臣下として服従し、あるいは弟子として師事すること。
※新儀式(963頃)四「太政大臣昇西階。進受醴面柄。進御座前、北面祝曰」 〔史記‐高祖本紀〕
③ 上皇の御所の北方にある、北面の武士の詰所。
※中右記‐元永元年(1118)五月六日「於今者遣武士・検非違使并下人等於河原、可禁歟、別当奉行、只今候北面人々郎等及千余人、皆遣河原了」
※今昔(1120頃か)一六「北面の居たる方に和ら行て臨けば」
⑤ 興福寺などの諸院家に警備などのために置かれた下級の僧。
※大乗院寺社雑事記‐文明一三年(1481)九月一〇日「諸院家等之北面法師与同篇に被存歟」
⑥ 遊女の下等なもの。
※浮世草子・傾城仕送大臣(1703)二「竹の丞と云し北面の女郎、親方の茶釜を衛士の焼火とくゆらせ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北面」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北面の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.