Rakuten infoseek

辞書

北面武士【ほくめんのぶし】

日本大百科全書(ニッポニカ)

北面武士
ほくめんのぶし
院御所(いんのごしょ)の北面に伺候して警固にあたった武士。白河(しらかわ)上皇が下級の廷臣を御座所に近い北面(きたおもて)に伺候させ、雑事を勤仕させたのに始まり、それに武士を加えて上皇の身辺の警固にあたらせ、さらに御幸(ごこう)の供奉(ぐぶ)・警衛を命じ、ときには僧兵の鎮圧にも動員した。その員数もしだいに増加し、上(じょう)北面(四位、五位)、下(げ)北面(五位、六位)の別も生じた。白河上皇の晩年には、80余人を数え、それに郎等(ろうとう)らを加えると1000余人にも上ったといわれ、院直属の重要な軍事力となった。後鳥羽(ごとば)上皇はさらに西面(さいめん)武士を新設して軍事力の強化を図ったが、承久(じょうきゅう)の乱(1221)後廃止され、北面もその後は軍事的性格を失いながらも、院司として江戸時代末まで存続した。[橋本義彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北面武士」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北面武士の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.