Rakuten infoseek

辞書

北長門海岸国定公園【きたながとかいがんこくていこうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北長門海岸国定公園
きたながとかいがんこくていこうえん
山口県北部,日本海沿岸部のほぼ全域を占める自然公園。面積 123.84km2。1955年指定。1997年,見島角島などを編入した。東は須佐湾萩市)から長門市青海島を経て油谷にいたる長さ約 90kmの海岸線と,相島その他の島々を含む。外海に囲まれた海岸や々は高さ 10~20mの断崖や石門,石柱などの海食による奇観を展開。須佐湾は溺れ谷地形で湾内に平島,中島などの島々が点在し,湾北部の高山山頂に露出する石英斑岩の岩塊は磁力をもつ。沖には櫃島(ひつしま),尾島,相島などの玄武岩よりなる台地上の六島諸島や見島などの島々が散在市には指月山(しづきやま)の城跡明倫館跡,松下村塾など史跡も多い。海岸に沿って山陰本線が通じ,青海島一周の遊覧船もある。海域須佐湾海域公園地区に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きたながとかいがん‐こくていこうえん〔‐コクテイコウヱン〕【北長門海岸国定公園】
山口県北部、日本海沿岸の国定公園。高山(こうやま)・須佐湾・青海島(おうみしま)竜宮潮吹などの海食地形をとし、萩市の史跡などを含む。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きたながとかいがんこくていこうえん【北長門海岸国定公園】
山口県の日本海沿岸一帯を占める公園。海食地形と玄武岩の島々を特徴とする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

北長門海岸国定公園
きたながとかいがんこくていこうえん
山口県の日本海沿岸の国定公園。北東端の高山(こうやま)岬から西へ須佐(すさ)湾、遠岳(とおだけ)山、萩(はぎ)海岸と沖合いの岩島群、青海(おうみ)島周辺を経て、雨乞(あまごい)岳北岸の滝宮(津黄(つおう))の潮吹に至るまでの約90キロメートルの海岸地帯で面積123.84平方キロメートル。1955年(昭和30)の指定。特色は、スケールの大きい海食地形を主とするが、加えて変化に富んだ地質・地層の景観と、これとは対照的な溺れ谷海岸(おぼれだにかいがん)の発達による静かな内湾的風景をあわせもつこと、さらに対馬暖流(つしまだんりゅう)の影響による南方的植生にもみるべきものが多いことである。この公園の中心は、北部では国指定名勝の須佐湾とその湾外の豪壮な海食崖(がい)が優れ、中部では夏ミカン香る萩の城下町景観と、日本海には珍しい玄武岩島群の多島海的風光が見どころであり、西部では海上アルプスの異名をもつ国指定名勝の青海島が傑出した海食地形を展開し、近くの深川川(ふかわがわ)中流には、観光基地湯本温泉がある。[三浦 肇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きたながとかいがん‐こくていこうえん ‥コクテイコウヱン【北長門海岸国定公園】
山口県北部、日本海沿岸を主とする国定公園。須佐湾、青海(おうみ)島などにみられる海食地形や、玄武岩島、南方性植物を特色とする。昭和三〇年(一九五五)指定。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北長門海岸国定公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北長門海岸国定公園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.