Rakuten infoseek

辞書

北狄【ホクテキ】

デジタル大辞泉

ほく‐てき【北×狄】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほくてき【北狄 Běi dí】
中国,古代,漢民族が北方の異民族を総称した語。翟(てきてき)ともいう。春秋時代,今の陝西省渭水流域から山西省南部に遊牧し,晋,邢,衛,鄭などの国と争った。赤狄・白狄・長狄の3種10部族の名が伝わる。農耕を営み城壁の中に住むのが漢民族で,狄は戎(じゆう)と同様〈野の民〉であり,都市国家時代の中国には生業,習俗の異なる両者が混在したが,戦国時代になり領域国家が成長するとしだいに姿を消した。夷狄【杉山 正明】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほくてき【北狄】
古代中国で、北方の異民族の蔑称。匈奴きようど・鮮卑・突厥とつけつ・契丹きつたん・靺鞨まつかつ・回紇ウイグルなど。 → 東夷とうい南蛮西戎せいじゆう
北方の賊。 東夷-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

北狄
ほくてき
中国の古代北方異民族の蔑称(べっしょう)。北とも書く。狄は夷狄(いてき)とか戎狄(じゅうてき)とよばれ、異民族をさす語であったが、のち北狄として北方民族の専称となった。その起源は殷(いん)・周時代に活躍した鬼方(きほう)であるとか、あるいはトルコ種の部族だとかいわれる。春秋時代には陝西(せんせい)、山西方面で活躍し、赤狄、白狄、長狄などの諸部族に分かれて中原(ちゅうげん)にも進出した。春秋前期、衛が狄のため滅ぼされ、斉(せい)の桓公(かんこう)がこれを復興した話は名高い。また春秋戦国時代に河北に進出した鮮虞(せんぐ)や中山(ちゅうざん)国は狄のたてた国家といわれる。[宇都木章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほく‐てき【北狄】
[1] 古代中国で、匈奴(きょうど)、韃靼(だったん)、突厥(とっけつ)、鮮卑(せんぴ)、回紇(ウイグル)などの北方の未開遊牧民族を卑しめて呼んだ語。日本では、北方の賊、また、広く、野蛮人や朝敵をもいう。
※経国集(827)二〇・白猪広成対策文「北狄章身、蹈雲以梯山」 〔書経‐仲虺之誥〕
[2] 江戸時代、遊所としての新吉原の異称。江戸の北方にあったところから、品川の南蛮、深川の東夷、新宿の西戎に対していう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

北狄
ほくてき
古来中国人が北方の異民族を呼んだ蔑称
春秋時代には,現在の山西・河北北部にいた民族をさした。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北狄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北狄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.