Rakuten infoseek

辞書

北海道の小豆【ほっかいどうのあずき】

事典 日本の地域ブランド・名産品

北海道の小豆[豆類]
ほっかいどうのあずき
北海道地方、北海道の地域ブランド。
主に十勝地方(河東郡音更町・河西郡芽室町・帯広市など)で生産されている。本格的な栽培が始まったのは明治以降で、開拓初期は米の栽培が禁じられていたこともあり、商業作物として急速に広がった。北海道では小豆の成育上重要な6月〜8月は日照時間も長いなどの好条件が揃い、現在では国内生産の75%前後を占めている。「エリモショウズ」「きたのおとめ」「しゅまり」「とよみ大納言」「アカネ大納言」などの品種が栽培されている。道内でも、十勝地方は、昼夜の寒暖の差が大きく最も栽培に適した気候であるといわれている。ようかん・おしるこ・おはぎなど和菓子の餡として多く利用されている。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北海道の小豆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北海道の小豆の関連情報

他サービスで検索

「北海道の小豆」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.