Rakuten infoseek

辞書

北極海【ほっきょくかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北極海
ほっきょくかい
Arctic Ocean
北氷洋ともいう。北極を含む海域で,大西洋の付属海ともみなされる。一般には付近のグリーンランド海バレンツ海カラ海ラプテフ海,東シベリア海,チュクチ海ボーフォート海などを含める。ベーリング海峡で太平洋と,オークニー諸島フェロー諸島との間の海嶺によって大西洋と境される。面積 1409万 km2,平均深度約 1200m,最深部約 5500m。北極海盆は,ロモノソフ海嶺によって2分される。海水は,表層の北極海水,中層の大西洋海水,太平洋海水,底層の海盆底水塊の3つから成っている。ほぼ氷点を保つ厚さ 200mほどの北極海水の下方に,ノルウェー海流末流スピッツベルゲンの北から入って 100~400mの深さで3~4℃のものが観測されている。底層流は水温-0.85℃,塩分 35‰の均一な水塊で,700~900m以深を占める。冬季には全体が結氷をみるが,ところによっては一年中氷におおわれている。氷の厚さが2~3mになるのは珍しい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほっきょく‐かい〔ホクキヨク‐〕【北極海】
北極点を中心に北アメリカ大陸とユーラシア大陸とに囲まれる海域。ほとんど凍結し、夏季は多少海面が見られる。北氷洋

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほっきょくかい【北極海 Arctic Ocean】
北極点を中心に展開する海域で,北氷洋や北極洋とも呼ばれ,大洋としては最小。中心部に面積約530万km2の北極海盆があり,その南限はユーラシアと北アメリカ,グリーンランドの北岸または最北の諸島のほぼ北岸を連ねる線で囲まれる(国際水路局の定義)。海洋学や海氷の研究上,北極海は北極海盆に接する海域を含めたり,さらにソ連(現,ロシア)では海氷分布に注目し,グリーンランド海などを含めた海域1475万km2を北氷洋と呼び平均水深1225mとなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほっきょくかい【北極海】
〔Arctic Ocean〕 北極を中心に北アメリカ・ユーラシア両大陸に囲まれた海域。大部分は夏季以外は凍結。ベーリング海峡を経て太平洋に通じる。北氷洋。北極洋。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

北極海
ほっきょくかい
Arctic Ocean
北アメリカ大陸とユーラシア大陸の間の海洋で、地形学的には地中海の一つである。北氷洋ともいう。面積は約1400万平方キロメートル、体積は約1700万立方キロメートル、平均深度は約1200メートルである。[半澤正男・高野健三]

範囲と境界

太平洋とはベーリング海峡によってくぎられている。大西洋とはフュリー・ヘクラ海峡、デービス海峡、およびグリーンランドからスバールバル諸島(スピッツベルゲン諸島)、ベアー島、ノルウェーのノールカップ(北岬)を結ぶ線によって分けられている。冬季はほぼ全域が厚さ2~3メートルの氷に覆われるが、夏季には開水路ができる。[半澤正男・高野健三]

海底地形

ほぼ北極点近くを通り、グリーンランド北沖からラプテフ海沖に至る2条の海嶺(かいれい)がある。北極中央海嶺(ガッケル海嶺ともいう)と、ロモノソフ海嶺(深さ1400メートル)である。両海嶺とほぼ平行に、エルズミア島北沖から東シベリア海北部に至るアルファ海嶺、メンデレーエフ海嶺がある。これらの海嶺で分けられて、カナダ北沖にはほぼ三角形の広大なカナダ海盆(最大深度4000メートル)が存在し、スピッツベルゲン、ゼムリャ・フランツァ・イオシファ、セーベルナヤ・ゼムリャを結ぶ線の北沖にはナンセン海盆が存在する。北シベリア北岸沖には幅800キロメートルに達する広大な大陸棚が存在する。[半澤正男・高野健三]

海流と水塊

表面の海流の流速は弱く、毎秒10センチメートルかそれ以下である。おもな表面海流は、北極海中央部をラプテフ海、東シベリア海から北極を通って横断し、グリーンランド北沖に達する北極海流(北極横断皮流ともいう)で、西フラム海峡から東グリーンランド海流となって大西洋に流出する。表面から200メートルまでは表層水または北極水とよばれる水塊で、密度成層が顕著である。この下層300~500メートルには中層水があり、水温は最大値で0.5℃である。塩分はほぼ一様に約34.95psuである。スピッツベルゲン西部からは、0.5~1.5℃と比較的暖かで塩分の高い大西洋水が流入し、北極海を反時計回りに循環している。この下層には低温の底層水がある。大西洋水と底層水の二つの水塊が北極海海水体積の90%を占めている。[半澤正男・高野健三]

海氷と氷山

北極海に浮かぶ海氷の量は年によって変わるが、100万立方キロメートルを単位として、冬に0.05、夏に0.02くらいである。その面積は、100万平方キロメートルを単位として、冬に15、夏に8.4くらいである。したがって平均の厚さは、冬で3.3メートル、夏で2.4メートルとなる。東グリーンランド海流、カナダ海流はともに氷山、海氷を伴って南下する。氷山はおもにグリーンランドの氷床から流れ出し、南限はニューファンドランド付近まで達する。北極海の氷山は、上面がでこぼこしているのが多いが、上面が平坦な卓山氷山もあり、氷島とよばれる。氷島には、アメリカやソ連が漂流観測基地として使っていたものもある。北極海の氷は、地球気候との関連からの研究が20世紀の中ごろから盛んとなり、いくつもの国際共同研究が行われている。[半澤正男・高野健三]
『田沢裕監修『図説大百科世界の地理3 カナダ・北極』(1998・朝倉書店) ▽フリッチョフ・ナンセン著、太田昌秀訳『フラム号北極海横断記』(1998・ニュートンプレス)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほっきょく‐かい ホクキョク‥【北極海】
北極圏にある海。大西洋の付属海で、アジア・ヨーロッパ・北アメリカの三大陸に囲まれている。北氷洋。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北極海」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北極海の関連情報

他サービスで検索

「北極海」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.