Rakuten infoseek

辞書

北条【ほうじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北条
ほうじょう
愛媛県北部,高縄半島西岸,斎灘に臨む旧市域。高縄山一帯と風早平野を占める。 1958年市制。 2005年松山市に編入。北条港は特産品の鹿峰 (かのみね) 瓦や農産物の積出港。中心地の北条には,1937年以降立岩川左岸を中心に紡績工場が立地し,織布・染色工業が行なわれる。農村部は第2次世界大戦前にはナシの生産が多かったが,現在はミカンの栽培が行なわれる。沖合い 400mにある鹿島は周囲 2kmの島で鹿島温泉があり,周辺の島々とともに瀬戸内海国立公園に属する。鯛飯が名物。海賊の昔を偲ばせる櫂練りの踊りなどで知られる。腰折山のエヒメアヤメの自生南限地帯は国の天然記念物。高縄山は奥道後玉川県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北条
ほうじょう
鳥取県中部,北栄町東部の旧町域。天神川下流西岸にある。日本海に臨む。 1954年下北条村と中北条村が合体して町制。 2005年大栄町と合体して北栄町となる。海岸部の北条砂丘と後背低地からなる。古墳群や条里制遺構など上古の遺跡が多く残っており,名称も「北の条理」に由来。砂丘地帯では畑地灌漑施設の完成によりタバコ,ラッキョウ,ブドウ,ナガイモの栽培が行なわれる。国道9号線沿いにメリヤス,缶詰などの中小工場が進出している。国坂は洋画家前田寛治の生地。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北条
ほうじょう
兵庫県南部,加西市の中心市街地。旧町名。 1967年2町との合体により加西市となる。古くから播磨と但馬,丹波,京都方面を結ぶ交通の要地で,宿場町,物資の集散地,播州先染織の産地として知られた。第2次世界大戦中の電機工場の進出や,74年の中国縦貫自動車道の開通で産業都市への変容が著しい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうじょう〔ホウデウ〕【北条】
愛媛県北部にあった市。高縄山がある。鹿峰瓦(かのみねがわら)の産地。平成17年(2005)1月に中島町とともに松山市に編入。→松山

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほうじょう〔ホウデウ〕【北条】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きたじょう【北条】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ほうじょう【北条】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうじょう【北条】
愛媛県松山市の地名。水田農業やタマネギなどの栽培が盛ん。繊維工業のほか、鹿峰かのみね瓦を特産。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほうじょう【北条】
姓氏の一。
桓武平氏。平貞盛の子孫時家が伊豆北条に住んで北条氏を称したのに始まる。鎌倉幕府創業に功があり、のち執権職として幕府の実権を掌握。
小田原を本拠とした戦国大名。伊勢長氏(北条早雲)を祖とする。後北条氏。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔新潟県〕北条(きたじょう)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔愛媛県〕北条(ほうじょう)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうじょう ホウデウ【北条】
[一] 愛媛県松山市北部の地名。旧市名。斎灘(いつきなだ)に面する。紡績・繊維工場があり、鹿峰(かのみね)には江戸時代からの瓦(かわら)工場が並ぶ。昭和三三年(一九五八)市制。平成一七年(二〇〇五)松山市に編入された。
[二] 明治四年(一八七一)の廃藩置県により美作国に設置された県。同九年岡山県に合併。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほうじょう ホウデウ【北条】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北条」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北条の関連情報

他サービスで検索

「北条」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.