Rakuten infoseek

辞書

北条政子【ほうじょうまさこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北条政子
ほうじょうまさこ
[生]保元2(1157).伊豆
[没]嘉禄1(1225).7.11. 鎌倉
鎌倉幕府初代将軍,源頼朝の妻。北条時政の長女。治承1 (1177) 年伊豆に配流中の頼朝と結ばれ,大姫,頼家,乙姫,実朝を生んだ。夫の幕府創設を助け,正治1 (99) 年頼朝の死後尼となったが,実家北条氏と結んで幕政を左右した。まず頼家の親裁を止め,建仁3 (1203) 年頼家を廃して実朝を将軍に立て,元久2 (05) 年には時政の後妻牧の方の陰謀を押え,建保7 (19) 年実朝が暗殺されると,京都から九条頼経を将軍に迎え,みずから後見となって幕政を裁断,「尼将軍」といわれた。承久の乱のとき,御家人たちを集めて幕府の恩をさとしきかせ,彼らの動揺を押えて忠誠を誓わせた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうじょう‐まさこ〔ホウデウ‐〕【北条政子】
[1157~1225]源頼朝正室頼家実朝の母。時政の長女。頼朝の死後尼となり、初め頼家、のち実朝を将軍としてその後見となった。実朝暗殺後は京都から九条頼経を4代将軍に迎え、執権政治を確立して尼将軍といわれた。平政子
永井路子による長編の歴史小説。昭和42年(1967)から昭和43年(1968)にかけて「新潟日報」などの地方紙に連載。昭和44年(1969)、単行本刊行。の半生を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

北条政子 ほうじょう-まさこ
1157-1225 平安後期-鎌倉時代,源頼朝(よりとも)の妻。
保元(ほうげん)2年生まれ。北条時政の娘。伊豆(いず)配流中の頼朝と結婚,源頼家・実朝と2女を生む。頼朝の死後尼となり幕政にかかわる。3代将軍実朝の死後は九条頼経(よりつね)を4代将軍にむかえ,政務を後見。尼将軍と称される。承久(じょうきゅう)の乱では御家人(ごけにん)の結束をうながし,幕府の基礎をかためた。嘉禄(かろく)元年7月11日死去。69歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ほうじょうまさこ【北条政子】
1157‐1225(保元2‐嘉禄1)
鎌倉前期の政治家。伊豆の武士,北条時政の娘。平治の乱(1159)後,源頼朝が伊豆に流されていたおり,その妻となった。1180年(治承4)8月,頼朝が挙兵した際,政子は一時伊豆山に潜んでいたが,10月には頼朝に迎えられて鎌倉に入った。82年(寿永1)に長男頼家,92年(建久3)に次男実朝を産み,ほかに2人の娘がいる。95年頼朝が東大寺供養に上洛した際,政子は子どもたちとともに同行し,京都で丹後局(高階栄子)らと対面した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうじょうまさこ【北条政子】
1157~1225) 源頼朝の妻。北条時政の女むすめ。頼家・実朝の母。頼朝の死後は父時政・弟義時とともに幕政に参与。実朝の死後、京都から九条頼経を四代将軍に迎え、自ら後見として幕政を裁断したので尼将軍と称された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

北条政子
ほうじょうまさこ
(1157―1225)
鎌倉前期の政治家。時政(ときまさ)の女(むすめ)、源頼朝(よりとも)の妻。2代将軍頼家(よりいえ)、3代将軍実朝(さねとも)の母。伊豆配流中の頼朝と結婚、石橋山の戦いのときは伊豆に隠れていたが、まもなく鎌倉に迎えられた。1182年(寿永1)には頼家を、92年(建久3)には実朝を生んだ。3年後頼朝に従って上京し、長女の大姫入内(おおひめのじゅだい)を意図して、朝廷の実力者丹後局(たんごのつぼね)と面談した。しかしこれは大姫の死によって実現しなかった。頼朝の死(1199)後、尼となり、大江広元(おおえのひろもと)、父時政らの元老重臣の合議制政治を推し進め、頼家の独裁を抑えた。頼家重病に際し、父と謀って頼家を廃して実朝を将軍とした。1205年(元久2)時政が後妻牧方(まきのかた)とともに将軍廃立を謀ったため、弟義時(よしとき)と相談して実朝を守り、父を伊豆へ送った。義時執権時代を通じてつねに政務の中心にあった。18年(建保6)の上京の際、出家の身で従三位(じゅさんみ)に叙せられた。続いて二位に進み、「二位家」と称された。実朝の死後、鎌倉殿の任務を代行、やがて藤原将軍を迎えた。承久(じょうきゅう)の乱(1221)に際して、幕府の恩を説いて東国武士を京に攻め上らせた話は有名である。義時急死後、伊賀(いが)氏の陰謀を抑え、甥泰時(おいやすとき)(義時の子)を執権とし、政子は「尼(あま)将軍」として敬重された。嘉禄(かろく)元年7月11日病死。[田辺久子]
『渡辺保著『北条政子』(1961・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうじょう‐まさこ【北条政子】
鎌倉幕府初代将軍、源頼朝の妻。北条時政の娘。伊豆配流中の頼朝に嫁し、頼家、実朝を生む。頼朝死後、幕政に参加。実朝死後、京都から九条頼経を迎えて将軍とし、執権政治を確立、幕府実権を掌握して尼将軍といわれた。法名如実。保元二~嘉祿元年(一一五七‐一二二五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北条政子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北条政子の関連情報

関連キーワード

アンドレイ・ボゴリュプスキー浜松大空襲建礼門院右京大夫七条院浄瑠璃寺セルジュークトルコ平重衡リチャードフリブール

他サービスで検索

「北条政子」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.