Rakuten infoseek

辞書

北杜夫【きたもりお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北杜夫
きたもりお
[生]1927.5.1. 東京,東京
[没]2011.10.24. 東京
作家。本名は斎藤宗吉。歌人斎藤茂吉の二男として生まれ,東北大学医学部を卒業後,慶應義塾大学病院助手を経て長兄経営の斎藤神経科病院に勤務,かたわら小説の執筆を行ない,ナチス支配下のドイツの精神科医の悲劇を描いた『夜と霧の隅で』(1960)で芥川賞を受賞。水産庁のマグロ調査船の船医としての経験を描いた『どくとるマンボウ航海記』(1960)に始まる「どくとるマンボウ」シリーズで豊富な知識と警抜な観察を軽妙な筆致で綴り,多くの読者を集めた。また『楡家の人々』(1964,毎日出版文化賞)では父を中心とする生家 3代の命運を重厚な構成で描いている。その後も『木精』(1975),『輝ける碧き空の下で』(1982,日本文学大賞)などの作品を発表した。ほかに,『北杜夫全集』(全 15巻,1976~77)など。1998年に『青年茂吉』(1991),『壮年茂吉』(1993),『茂吉彷徨』(1996),『茂吉晩年』(1998)の茂吉評伝 4部作で大佛次郎賞を,2001年海洋文学大賞特別賞を受賞した。1996年日本芸術院会員

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

北杜夫
作家、エッセイスト。本名は斎藤宗吉。1927年5月1日東京生まれ。父は歌人・斎藤茂吉。母は日本人女性で初めて南極を旅した旅行家・斎藤輝子。兄は精神科医でエッセイストの斎藤茂太。娘はエッセイストの斎藤由香。
旧制松本高校、東北大学医学部を卒業。慶応義塾大学病院助手を経て精神科医を務めながら、同人誌「文芸首都」を拠点に小説を発表した。60年、水産庁の調査船に船医として乗船した体験を描いた『どくとるマンボウ航海記』がベストセラーになる。また、同年、ナチス政権下のドイツにおける精神科医の抵抗を描いた『夜と霧の隅で』で芥川賞を受賞した。
64年、長編小説『楡家の人びと』を刊行し、三島由紀夫に「戦後に書かれたもっとも重要な小説の一つ」と高く評価された。この他、『白きたおやかな峰』『酔いどれ船』などの純文学作品を発表する一方で、『どくとるマンボウ』シリーズや、『さびしい王様』に代表されるユーモア作品も著している。また、『マンボウ 阪神狂時代』を発表するなど大の阪神ファンとしても知られた。
96年に日本芸術院会員となる。98年、父斎藤茂吉の評伝4部作『青年茂吉』『壮年茂吉』『茂吉彷徨』『茂吉晩年』が完結し、大佛次郎賞を受賞した。
私生活では、40歳のときに躁うつ病を発症。その様子は『マンボウ恐妻記』などのエッセーでユーモアを交えて描かれている。
2011年10月24日、腸閉塞のため東京都内の病院で死去した。84歳。
(葛西奈津子  フリーランスライター / 2011年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

きた‐もりお〔‐もりを〕【北杜夫】
[1927~2011]小説家・精神科医。東京の生まれ。本名、斎藤宗吉。斎藤茂吉の次男。「夜と霧の隅で」で芥川賞受賞。船医の体験をユーモラスに描いた「どくとるマンボウ航海記」がベストセラーとなり、この「どくとるマンボウ」シリーズで、多くのファンを獲得。他に「楡家(にれけ)の人びと」、父茂吉の評伝四部作「青年茂吉」「壮年茂吉」「茂吉彷徨」「茂吉晩年」など。芸術院会員。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

北杜夫 きた-もりお
1927-2011 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和2年5月1日生まれ。斎藤茂吉斎藤輝子の次男。斎藤茂太の弟。東北大医学部を卒業し,精神科医となる。昭和35年船医の体験をかいた「どくとるマンボウ航海記」がベストセラーになる。同年「夜と霧の隅で」で芥川賞。39年斎藤家3代をえがいた「楡(にれ)家の人びと」で毎日出版文化賞。平成8年芸術院会員。10年「青年茂吉」以下の茂吉評伝四部作で大仏(おさらぎ)次郎賞。平成23年10月24日死去。84歳。東京出身。本名は宗吉。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

きたもりお【北杜夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

北杜夫
きたもりお
(1927―2011)
小説家。本名斎藤宗吉。昭和2年5月1日、東京に生まれる。歌人斎藤茂吉の次男。旧制松本高校を経て東北大学医学部に進学、精神科専攻。1952年(昭和27)卒業。在学中に書いた『百蛾譜(ひゃくがふ)』(1949)が『文芸首都』に載り、続いて『牧神の午後』(1951)などを発表、さらに幼少年期の追憶を幻想風に昇華した長編『幽霊』(1954)を刊行する。その後『岩尾根にて』『霊媒のいる町』(ともに1956)などの佳編で注目される。1960年、船医の体験を、ユーモラスな文体に生かした『どくとるマンボウ航海記』がベストセラーとなった。その後、『どくとるマンボウ昆虫記』(1961)、『同途中下車』(1967)、『同青春記』(1968)などを著し、この「どくとるマンボウ」シリーズで、多くの北杜夫ファンを獲得した。芥川(あくたがわ)賞を受けた『夜と霧の隅で』(1960)により地位を確立。また楡(にれ)病院を舞台に明治から昭和までの中流一家の歴史を描いた『楡家の人びと』(1964)で毎日出版文化賞を受賞。長編『白きたおやかな峰』(1966)、『酔いどれ船』(1972)のほか、『輝ける碧(あお)き空の下で』第1部、第2部(1982、1986。日本文学大賞)などの作品がある。また、父の斎藤茂吉の生涯を題材にした作品『青年茂吉』(1991)、『壮年茂吉』(1993)、『茂吉彷徨(ほうこう)』(1996)、『茂吉晩年』(1998)の四部作を刊行。これは、大仏(おさらぎ)次郎賞に輝いた。[金子昌夫]
『『北杜夫全集』全15巻(1976~1977・新潮社) ▽『どくとるマンボウ航海記』(中公文庫) ▽『楡家の人びと』上下(新潮文庫) ▽『輝ける碧き空の下で』第1~2部全4冊(新潮文庫) ▽『青年茂吉』『壮年茂吉』『茂吉彷徨』『茂吉晩年』(岩波現代文庫) ▽奥野健男著『北杜夫の文学世界』(中公文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北杜夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北杜夫の関連情報

関連キーワード

島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎芥川龍之介

他サービスで検索

「北杜夫」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.